ダイエット

カラダカルピスダイエットは痩せる?太る?体脂肪を減らす仕組みと効果

投稿日:2017年5月1日 更新日:




2017年4月4日にアサヒ飲料から機能性表示食品として「(CALPIS)」が発売されました!
 
」と言えば、乳酸菌配合!「」自体がヘルシーなイメージを持ったロングセラー商品ですよね。でも、今回新しく発売された「カラダカルピス(CALPIS)」は、ヘルシーなイメージが拡大し、「カラダにいい!」「ダイエットに使える!」と評判なのです!2015年に新しく始まった「機能性表示食品」 制度を利用した、「機能性表示食品」でもあり、話題が集中!
 

 
今回はこの「機能性表示食品」である「カラダカルピス(CALPIS)」のダイエット効果や体脂肪を燃やす仕組み、そしてカロリーや糖質を含めた成分について調べてみました!
 


 

「機能性表示食品」 制度とは?

まず最初に、「機能性表示食品」制度についておさらいしてみましょう。この意味がわからないと、「カラダカルピス(CALPIS)」のスゴサがわからないもんね!
 
今回発売された、「カラダカルピス(CALPIS)」は、広告の中で
 
「乳酸菌で体脂肪を減らす。」
 
と堂々とうたっています。昔だったら「あれ?こんなにはっきり機能性や効果・効能を記載してしまっていいの?」って思ってしまう方もいるのではないでしょうか?このコピーは、2015年に制定されたばかりの「機能性表示食品」制度にもとづいてできたものなんですねー。
 
機能性表示食品とは一体なんなのでしょうか?消費者庁の資料にはこのように説明されています。
 

機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていました。
 
そこで、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者の皆さんがそうした商品の正しい情報を得て選択できるよう、平成27年4月に、新しく「機能性表示食品」制度がはじまりました。
 
▼「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品です。
 
▼安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるものです。
 
▼消費者の皆さんが誤認することなく商品を選択することができるよう、適正な表示などによる情報提供が行われます。
 
参考:消費者庁の資料
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin1442.pdf

 
・・・というわけなんです。事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品であれば、堂々と機能性を表示することができるようになったんです!これは、ダイエットしたいお客さまのココロを直接つかむ機能性をアピールすることが可能だということ。すごい変化です!
 
企業(アサヒ飲料)にとっては、自分たちの研究の成果をアピールできるという点でとてもうれしいことなのはもちろんですが、私たち消費者にとっても、自分にあった商品を選びやすくなることに繋がります。今回の「カラダカルピス(CALPIS)」に至っては、ダイエット中の方が迷わずに手にとることが可能になったという点で、これもとてもうれしいことですね!
 

「カラダカルピス(CALPIS)」の機能性とは?

そこで、今回の「カラダカルピス(CALPIS)」についてみてみましょう。
 
乳酸菌で体脂肪を減らす。
 
と堂々とうたっています。でも、もちろんなんの根拠もない状態では、機能性をうたうことはできません。商品の効果効能、機能性を長い年月をかけて調査しています。そして、今回は、ある乳酸菌を配合することが「体脂肪を減らす」ことにつながることがわかったことがきっかけになっています。
 
そう、「カラダカルピス(CALPIS)」が、「体脂肪を減らす」と言えるのは・・・
 
乳酸菌CP1567株
 
が入っているから!あんまり聞いたことがない名前の乳酸菌だけど、一体私たちのカラダにどんな影響を与える可能性があるのでしょうか?
 

乳酸菌CP1567株とは?

乳酸菌CP1563株は、別名を「ラクトバチルス・アミロボラスCP1563株」と言います。
 
アサヒグループはたくさんの乳酸菌を研究していますが、その研究対象の中でも、「ラクトバチルス・アミロボラスCP1563株」は脂肪燃焼を促す可能性が高いと注目されている乳酸菌です。
 
カラダカルピスのホームページには、その研究結果がきちんと掲載されていました。
 

やや肥満から肥満の人(BMI25~30)200名に破砕した「」を含む飲料、または含まない飲料(プラセボ)を1日1本、12週間飲んでもらいました。その結果、「」を飲んだ人は、プラセボを飲んでいた人に比べて、内臓脂肪と皮下脂肪を合わせた体脂肪面積全体が減少することが明らかになりました。
出典:Microb Ecol Health Dis. 27:30312(2016)
参考:http://www.asahiinryo.co.jp/karada-calpis/#secret

 
免疫力を強化する乳酸菌が多く商品化される中で、体脂肪を減少させる「乳酸菌CP1563株」を使った商品は結構珍しいですよね!
 
1日1本、12週間飲むとカラダが変わってくるかも?しれません。
 

これまでの「カルピス」と比較してみよう!

私たちが小さいころから親しんできた「カルピス」と、今回発売されたNEWカルピス「カラダカルピス」の違いはなんでしょうか?
 
やっぱりダイエットするなら「カラダカルピス」?それともあまり変わらない?カロリーや成分を元に少し検証していきたいと思います。
 


▼記事内容はこの下に続きます▼


カロリーの違い

ダイエットするなら無視できないのがカロリーの違いです。まずはざっくり比較してみましょう。
 

普通のカルピス(470ml):230cal
カラダカルピス(500ml):0cal

 
ゼロ?!?!
これは・・・かなりの違い。笑
 
でも、ゼロって言われると余計に心配しちゃうのが、添加物、人口甘味料系です。甘いので糖分は入っている・・・と考えると、危険なものじゃないかどうかが心配。原材料を確認してみると・・・うーん。そこそこ入っているかも。
 

原材料:脱脂粉乳、乳酸菌飲料、ニゲロオリゴ糖含有シロップ、乳酸菌粉末/酸味料、香料、安定剤(大豆多糖類)、乳化剤、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)

 
カロリーの比較としては、ダントツでカラダカルピスが低いけど、甘味料系(糖分)は入っているので、お水みたいに飲みつづけちゃうのは、考えものかなと思います。
 

乳酸菌の違い

先ほどご説明したように、カラダカルピスには、「乳酸菌CP1563株」が入っています。普通のカルピスを調べてみたのですが、菌の種類までは書いていないみたい。昔から同じ菌を使っているんでしょうね。
 
ということで、やっぱり、ダイエット時に飲むには、「カラダカルピス(CALPIS)」に軍配が上がりそうです。
 
みなさんも腸活・菌活の参考にしてみてくださいね。

▼その他のお手軽ダイエット情報が気になる方は下へ




 
▼その他のお手軽ダイエットについてのおススメ記事はこちら

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活LAB.編集長。元おデブ。 発酵食品との出会いにより数十キロのダイエットに成功。過去の自分と同じ悩みを持っている人に向けて、腸内環境の大切さを伝える活動中。

-ダイエット
-, , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

脂肪を防ぐ色素成分「ネオキサンチン」とは?

少し前に小松菜を毎日のように食べていると記事に書きましたが、冬も終わり、旬もすぎたかなーと思って、ちょっと小松菜から離れた生活を送っていたんです。   ↓過去記事 【ダイエット】小松菜の肥満 …

納豆の美味しい食べ方 ~納豆菌の特徴からみる美味しく食べるコツ~

この前、みんなで納豆はどう食べるか・・・話していたんですけど、納豆って、いろーんな食べ方があるんですねw   タレの入れ方、混ぜ方、他の食べ物との組み合わせなど、こだわりのある方がたくさんい …

ダイエット中の人必見!ビフィズス菌はメタボ予防の救世主?!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 赤ちゃんのお腹の中には善玉菌しかいないらしいけど、その中でもとても割合が高いのがビフィズス菌だと言います。 そう、私たちと …

金スマダイエット!やせる作り置きおかずの条件とアレンジ法

最近スゴく思うんです。世に出ているダイエット法って、ほとんどがちゃんと理屈にかなっていて、特にちゃんと痩せた人がいる、信頼していい正しいダイエット法だと思うんです。     もちろ …

おなかぽっこりダイエット!腸内環境改善&猫背矯正で自然に痩せるメカニズム♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 若い時はそんなに気にしていなかったのに、30代も中盤になってくると、おなかがぽっこりしてきたんだよ~泣と嘆いている方がいま …

follow us in feedly