金スマ腸活特集!便秘解消に効果的な「いちご甘酒」の作り方・効果・アレンジ法

スポンサードリンク

先日(2017年5月12日)、TBS系で放送された金スマ(金曜日のスマイルたちへ)は、・便秘改善特集でした!便秘に悩む芸能人、小島奈津子、小倉優子、ざわちんの3人が腸活にチャレンジしたんです。
 

 
前回の腸活特集からまだそんなに時間がたっていないと思うのに、やっぱり便秘でお悩みの方は多いのかなぁ?
 
▼金スマ関連記事

 
金スマの腸活特集の中で、私が大好きな発酵食品「」もでてきましたよ!今回は金スマで紹介された、「」の作り方、そしてなぜ便秘解消に良いのかをきちんとまとめてみたいと思います。
 

 

金スマ発!「いちご甘酒」を作ろう

なんだかとってもかわいらしい名前の「いちご甘酒」。ゆうこりんが好きそうです!笑
まずは、実際に「いちご甘酒」がどんなものなのか知るべく、作り方から見てみましょう。
 

便秘改善最強ドリンク「いちご甘酒」の作り方

▼材料

甘酒 100cc
いちご 3コ

 
▼作り方

材料の甘酒といちごをミキサーに入れて、撹拌するだけ!

 
ちょっと!笑 また簡単すぎます!これだけで便秘解消に効果的な便秘改善最強ドリンクができちゃうので、これを利用しない手はないですね。
 

便秘改善最強ドリンク「いちご甘酒」のコツ

材料も2つだけ、作り方もミキサーで混ぜるだけと簡単なのですが、1つだけコツがあります。材料の甘酒は、「米麹由来の甘酒」を使うこと。
 

米麹甘酒=材料は米麹と水(場合によっては+米)
酒粕甘酒=材料は酒粕と砂糖と水

 
そう、市販の酒粕甘酒を使うと、お砂糖が最初から添加されている場合が多いのです。米麹甘酒でも十分に甘いですし、いちごの甘さも加わります。そうなると、酒粕甘酒だとちょっとしつこくなってしまうんですよね。
 
無駄な糖分も入れなくていいのなら入れたくありません。なぜなら砂糖の過剰摂取は便秘を悪化させると言われているからです。
 
女性の美学さんの記事によると・・・
 

砂糖の過剰摂取は、便秘の元になります。これにはれっきとした理由があります。甘いスイーツなどは疲れた身体には最高の特効薬になります。
 
これは、甘いものには身体全体の緊張感をほぐす効果があるためです。しかし、実はお腹の緊張感も奪ってしまうため腹筋が必要な排便を妨げてしまう事になるのです。
 
また、お腹が緩んでしまうと便を溜めやすくしてしまうため、数日間排便しなくても平気になってしまうのです。
参考:http://josei-bigaku.jp/benpi0906/

 
便秘解消のために「いちご甘酒」を作るなら、やっぱりとことん腸内環境に優しいものを作りたいです。いちごと合わせるなら、味も酒粕甘酒よりも米麹甘酒のほうが美味しくなると思います♪
 

「いちご甘酒」が便秘解消に効く理由

「いちご甘酒」は、日本古来からの栄養補助飲料である「甘酒」という発酵飲料を使っています。また新鮮なフルーツでビタミンも摂れますし、米麹甘酒を使っているのであれば、お砂糖も入っていません。
 
金スマの腸活特集でも7つの便秘改善メソッドの中で、「便秘改善最強ドリンク」として紹介されたのが「いちご甘酒」なのです。
 
では具体的に何が腸内環境によくて、どんなふうに効果があるのか、少し細かく見ていきたいと思います。
 

「甘酒」の腸内環境改善効果

甘酒は、点滴と成分が似ていることから、「飲む点滴」と呼ばれたり、美白効果が注目されることから「飲む美容液」と言われることもある、発酵飲料です。
 
たっぷりのオリゴ糖と食物繊維、そして必須アミノ酸と呼ばれる人間が体の中で作ることができないアミノ酸も含まれており、体の代謝を助けるビタミンB群も豊富です。
 
免疫力の強化や新陳代謝の促進が期待される一方、腸内細菌のエサになる食物繊維とオリゴ糖がかなり豊富なので、便秘改善効果や腸内環境改善効果が注目されています。
 

「いちご」の腸内環境改善効果

イチゴの成分ももちろん負けていません。注目なのはペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維を含み、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスがいいフルーツであるということです。
 
美肌レシピさんの記事によると、腸内環境を改善してくれる秘密が掲載されていました。
 

いちごに含まれる「ペクチン」とよばれる食物繊維には、整腸作用があるため、下痢や便秘を改善する働きがあります。また、不要になったコレステロールを身体の外へ排出させるため、血中の悪玉コレステロールの減少が期待できます。
参考:http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/002740/

 
かわいいだけじゃなかったいちご。私たちの腸内環境を改善してくれる立役者としては、十分すぎるほど十分な効果がありそうです。
 

スポンサードリンク

「いちご甘酒」のネット上の評判

金スマ放送後、とにかく色がかわいい「いちご甘酒」は、フォトジェニックでもあるので、いろんな方がネットに飲んでみた感想をあげていました。
 
ここで一部ご紹介します。
 

甘酒嫌いだけど
いちご甘酒飲みやすい

 

いちご甘酒飲んでるんやけど何かハムの匂いする。
バナナの方が合う気がするから明日試そ

 

昨日買ったいちご甘酒飲んでる(笑)
甘酒は美容にいいみたいだし、
頑張って飲み続けたい

 

いちご甘酒、めちゃくちゃ美味しかった

 

あと朝からいちご甘酒作って飲んできた??
仕事中もよおしたらどうしようww

 
みなさん、期待感も含めて「いちご甘酒」を楽しんでいるみたい♪
 

「いちご甘酒」のアレンジ法

かわいさでいうなら「いちご甘酒」がいちばんかもしれないけど、毎日いちごじゃ飽きちゃうし、季節によってはめちゃめちゃ高いじゃん・・・という、節約派の方には、他のフルーツでおススメがあるんです!ここでちょっとご紹介します。
 

キウイ甘酒

実はちょっと前に毎日のように飲んでました。それが「キウイ甘酒」。「キウイ」は安いし、比較的いつでも手に入りやすい、庶民派のフルーツです。
 
でもね、いちごに負けずとも劣らない「水溶性食物繊維」が摂れるんです。女性の美学さんの記事によると、やはりキウイはデトックスのためにとてもよい果物であると紹介されていました。
 

グリーンキウイ一個に含まれる食物繊維の量は約3g。これはバナナ3本分と同じ食物繊維の量なのです。さらにキウイの食物繊維は、
 
不溶性食物繊維
水溶性食物繊維
 
の両方が同時に摂れるので一個でダブルの効果が得られるというわけです。
参考:http://josei-bigaku.jp/bihadakoukakiwi4989/

 
いちご甘酒に飽きたら、キウイ甘酒もおススメです。
 

バナナ甘酒

実はバナナは、水溶性食物繊維量はいちごやキウイほど入っていません。でも、最近注目の水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の性質を持つと言われるでんぷん質がたくさん含まれています。その名も・・・
 
レジスタントスターチ
 
です。
 
▼過去記事 レジスタントスターチについてはコチラ↓

 
水溶性食物繊維は少なくても、レジスタントスターチの腸内環境改善効果は目を見張るものがありますし、バナナにはオリゴ糖もたっぷりと含まれています。オリゴ糖は食物繊維同様、腸内細菌のエサとして優秀ですからね。
 

このレジスタントスターチは小腸で吸収されにくく大腸まで届き善玉菌の発酵により酢酸やプロピオン酸、酪酸、コハク酸などの善玉物質の素となることから、腸内フローラを良好に保ち便秘の改善にも役立つものです。
参考:http://www.dhcvc.com/water-soluble-dietary-fiber.html

 

まとめ

金スマの腸活特集で紹介された「いちご甘酒」について、少し深堀してみました!甘酒がニガテで・・・とたまに相談されるので、その時は「いちご甘酒」をおすすめしなきゃと改めて思いました。笑
 
でも、キウイ甘酒もバナナ甘酒もおいしいので、ぜひいろいろなバリエーションで、腸活を楽しんでみてくださいね!

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。