Mykinso(マイキンソー)検査やってみました!結果公開♪

スポンサードリンク

腸活をする上ですごく難しいなと思うのが、自分の腸内環境を見える化することです。

どんなに腸活を頑張っても、腸内環境は目に見えないので努力の結果が見えにくく、途中で腸活をやめてしまう原因になりえます。

そんな時にありがたいのが、自宅でできる腸内フローラ検査!

今はいろんなサービスが生まれていますが、私はとりあえず最近話題の株式会社サイキンソーが提供する、自宅でできる腸内細菌叢()検査サービス、Mykinso(にトライしてみることにしました!

Mykinso(マイキンソー)検査にトライした経緯

実は、何年も前から自分のおなかの中にどんな腸内細菌が住んでいるのか気になっていて、検査する方法を探していた私。

やっぱり、検査できないと現在の状態がわからず、どうしてもやる気がある時とない時の差が出てしまいます。

体調と腸内環境の状態が自分でなんとなくわかるようになるのがベストなんだけど、もともとどんな腸内細菌が自分のおなかに住んでいるかわからないと、比較検証もできません。

ということで、Mykinso(マイキンソー)検査などの腸内細菌叢を調べてくれるサービスを大調査!

そこで気が付いてしまったことが・・・腸内細菌叢を調べてくれるサービスって、かなりお値段が高いのです!!

正確に腸内細菌叢の菌たちを調べようとすると、なんと1回・・・

10万円!

・・・なにそれまじか。泣
それも海外の英語バージョンとか・・・。泣

その値段にビビって、とりあえず諦めてしまいました。

(数年後)

そして数年後、Mykinso(マイキンソー)検査サービスが開始されたことを知り、すかさずチェック!笑 

約20000円でできるのはいいなぁ。ということで、Mykinso(マイキンソー)に申込みをしました。数年前に10万円をみていたので、Mykinso(マイキンソー)検査サービスは激安に見えました。笑

※2016年の2月までは神奈川県民のみなさんは料金割引があったみたいです。公的なところも注目しているサービスなんですね♪

Mykinso(マイキンソー)検査で知りたかったこと

実は私にはMykinso(マイキンソー)検査を受けるにあたり、知りたいと思っていた項目がいくつかありました。

うん。実はおデブだった時からかなり気になっていたことが。ちょっと整理してみましょう。

知りたかったこと1:デブ菌はどのくらいいるか?

とにかく小さいころから太りやすく、多少は改善したとはいえ、気を抜けば太ります。

だから、一般的にデブ菌と言われるファーミキューテス(Firmicutes)門の菌がどのくらいいるかは、とても気になっていました。

今より20キロ以上太っていたころは、確実にデブ菌だらけだったと思うんだけど、今はどうなっているんだろう・・・Mykinso(マイキンソー)検査なら、そのバランスがわかるはずです。

知りたかったこと2:抗酸化作用があるエクオールを作れる体質なのか?

どうやら日本人の約半分は、肌や骨、血管や脳などを守る抗酸化作用があるエクオールを作ることができないらしい…。

Mykinso(マイキンソー)検査は、エクオールを作れる腸内環境なのかどうかも検査してくれます。

肌なんかは褒められることが多いので、作ることができる体質だとは思っているんだけどな・・・エクオールとは関係がないところからの影響かもしれませんし、単純に気になります。

マイキンソーで長年の疑問解決!結果公開

Mykinso(マイキンソー)検査は、私の長年の疑問にすんなりと回答してくれましたよ。笑

やっぱりやってよかった!!これからの腸活にも役立てそう!

結果:デブ菌はどのくらいいるか?

Mykinso(マイキンソー)検査の検査結果シートには、「太りやすさ」という項目があります。

ここにファーミキューテス(Firmicutes)門とバクテロイデーテス(Bacteroidetes)門の比率がでました!

一般的に、

ファーミキューテス(Firmicutes)門=
バクテロイデーテス(Bacteroidetes)門=

だと言われています。

詳しく知りたい方はこちらの記事も見てみてね!

あわせて読みたい

「デブ菌」とは?「デブ菌診断」で自分の腸内環境をチェックしよう!

スポンサードリンク

私のMykinso(マイキンソー)検査の検査結果は、「やや太りにくい」でした!

やった~~~♪
ファーミキューテス(Firmicutes)門よりもバクテロイデーテス(Bacteroidetes)門のほうが多かったんです。

発酵食品をたくさん食べてた甲斐があったかな~♪

結果:抗酸化作用があるエクオールを作れる体質なのか?

Mykinso(マイキンソー)検査の検査結果では、「腸内のエクオール産生菌割合」がわかります。

自分以外のMykinso(マイキンソー)検査の検査結果を受けた方の検査結果もグラフで確認できるので、どのくらい「腸内のエクオール産生菌」がいない人がいるのか確認してみると・・・

今回の結果だと約25%が全く作れない体質みたい。

私の結果は、「やや少なめ」だけど作れる体質でした!
もっと大豆製品を食べれば増えるかな?

その他、Mykinso(マイキンソー)検査でわかったこと

Mykinso(マイキンソー)検査は、他にも自分の腸内環境がどんな状態なのか、いろんな情報を教えてくれます。ここではいくつか私がきになったところをご紹介します。

腸内細菌の多様性

腸内細菌の多様性が高ければ高いほど病気になりにくいと言われています。

Mykinso(マイキンソー)検査結果には、自分の腸内フローラにいる腸内細菌の多様性がわかるようになっています。

私は普通。

んー、もうちょっと毎日違うものを食べないといけませんねー。結構気に入ったら、同じものばかり食べてしまうクセがあるので、毎日違うものを食べるように気をつけなくちゃ。

例えば同じキムチでも、違うメーカーのものを食べてみたほうがいいのかもしれません。

腸内の主要細菌割合

Mykinso(マイキンソー)検査結果では、ビフィズス菌、乳酸産生菌、酪酸産生菌の割合がわかります。

ビフィズス菌は腸内のPHを低下させて、菌たちが住みよい環境を作る菌、乳酸産生菌は糖を乳酸に変える菌です。最近は、酪酸産生菌が注目されていて、酪酸は腸管内の細胞のエネルギー源になるとのこと!

Mykinso(マイキンソー)検査結果によると、私の腸内フローラには、この酪酸産生菌が多く、ビフィズス菌、乳酸産生菌はやや少なめであることがわかりました。

これ、結構心当たりあるんですよ。私は漬物やキムチなどと相性が良い気がしているのでたくさん食べていますが、乳製品は遅延性アレルギーがあるので、あまり食べないようにしています。

確かに酪酸産生菌は増えそうだし、ビフィズス菌、乳酸産生菌がいまいちと言われると、納得・・・Mykinso(マイキンソー)検査ってすごいかも。

Mykinso(マイキンソー)検査結果まとめ

Mykinso(マイキンソー)検査を受けてみて、長年の疑問が解決されたのは本当に大きな収穫でした。

現状、ヤセ菌はちゃんといるし、エクオールもちゃんと作れることがわかったので、これはどうしても維持しないと!

ただし、やっぱり気に入るとそればかり食べてしまう・・・という食生活のせいで、菌の多様性は低いよう。どんなに発酵食品を食べたとしても、毎回同じものより、毎回違うもののほうがよいことを改めて感じました。

また、Mykinso(マイキンソー)検査結果によると、ビフィズス菌、乳酸産生菌も少なめだったので、ちょっとふやしたいところ・・・。

実はヨーグルトがあまりカラダに合わない私…乳酸菌サプリを習慣的に飲むかどうか迷っていたのですが、この検査結果をみて、やっぱりのんでみることに決めました。笑

▼Mykinso(マイキンソー)検査結果を踏まえた改善点
・毎日ルーティーンで同じものばかり食べないようにする。
・同じ食べ物でも違うメーカーのものを食べてみる
・乳酸菌サプリを習慣的に飲んでみる

Mykinso(マイキンソー)検査で自分の腸内フローラの状態がわかったおかげで、自分の腸内細菌を元気にするため、増やすために何をしたらよいか少しわかった気がします。

 

また、1年後にMykinso(マイキンソー)検査を受けてみて、良化しているかどうか確認してみたいなと思いました。

みなさんも、まず腸活がやりたい!と気になっているのなら、腸活前に現状把握をしておくことをおすすめします♪笑

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。