「デブ菌」とは?「デブ菌診断」で自分の腸内環境をチェックしよう!

スポンサードリンク

最近、テレビや雑誌、新聞などのメディアで、「」や「」という言葉をよく聞きます。

一番効くダイエットの1つとして「デブ菌ダイエット」が取り上げられることも少なくありません。

デブになる菌=「デブ菌」というわかりやすい名称なので、覚えやすいのかもしれませんが、実際「デブ菌」がどの菌を指すのか、わかっている人はごく少数でしょう。

「デブ菌」の正体はなんなのか・・・今日はそんな「デブ菌」についてまとめつつ、デブ菌をコントロールすることでできるダイエットや、自分のデブ菌がどれだけいるかわかる「デブ菌診断」をする方法についてもご紹介したいと思います。

デブ菌とは?

デブ菌を知るためには、まず私たちの腸内フローラに生息している腸内細菌たちの全体像を理解する必要がありそうです。

腸内細菌の基本!善玉菌・日和見菌・悪玉菌とは?

私たちの腸内フローラにいる腸内細菌は、一般的に以下の3つに分類されます。

善玉菌(ぜんだまきん)
=人間にとっていいことをしてくれる菌

日和見菌(ひよりみきん)
=善玉菌でも悪玉菌でもない、その他の菌

悪玉菌(あくだまきん)
=人間にとって悪いことをする菌

この善玉菌、日和見菌、悪玉菌という分類方法は、すごく単純で覚えやすいため、私たちはついつい使ってしまいます。

でも実は、共生細菌について研究をしている専門家の間では、この分類方法に疑問を持つ方も多くいらっしゃいます。

善玉菌、日和見菌、悪玉菌という分類の問題点

善玉菌、日和見菌、悪玉菌という呼び方の何がいけないのかと言うと・・・

腸内細菌をこの3種類に厳密に分類するのはすごく難しいから

です。

人間も同じだと思いますが、一般的に善玉菌に分類されている菌でもたまには悪いことをします。
逆に悪玉菌に分類されている菌でも、たまには良いことをするのです。

人間の腸内フローラに生息する菌たちも生まれてから死ぬまでずっと良い菌でいることはできませんし、逆にずっと極悪人もいません。菌の世界も複雑なので、デブ菌退治が本当にその人の体の健康のために良いことなのかは実はわからないのです。

複雑ですねー。笑

デブ菌を排除するより大事なことは?

最近では、デブ菌を退治することよりも、

菌の多様性を高めることが大事

という専門家が増えています。

菌の多様性を高める・・・?
具体的にどんな状態を指しているのでしょうか?

具体的には、腸内フローラの中にたくさんの種類の菌がいたほうがいいということです。たくさんの菌がいれば、それぞれの菌の割合が自然と減ります。

そのため、特に大げさな悪玉菌退治やデブ菌退治をしなくても、デブ菌の割合が必要以上に高まりにくい腸内環境が作れます。

デブ菌は〇〇菌の中にいる?

善玉菌、日和見菌、悪玉菌という3つの分類の中で一番数が多いのが、よくもわるくもない日和見菌の存在です。

実はこの「日和見菌」の中に「デブ菌」が隠れていると考えられています。
日和見菌は、「デブ菌」と「ヤセ菌」に分けることが出来るのです。

バクテロイデス門
=一般的にヤセ菌と呼ばれる菌

ファーミキューテス(フィルミクテス)門
=一般的にデブ菌と呼ばれる菌

この2つの違いは一体なんなのでしょうか?

デブ菌とヤセ菌の違い

ファーミキューテス門に属す、ファーミキューテス菌は、一般的にデブ菌と呼ばれています。
なぜそう呼ばれるかというと、「栄養回収がとても上手」だからです。

腸内フローラにファーミキューテス門に属す、ファーミキューテス菌が増加すると、私たちがとる食事からの栄養回収率が高くなります。

栄養をたくさん吸収することができる人は、太りやすくなります。

栄養回収率が高い菌ばかり飼っていると、ダイエットをしている時はちょっと困りますよね。

一方、ヤセ菌と呼ばれる、バクテロイデス門に属す、バクテロイデス菌は、デブ菌たちに比べると栄養回収率が低いことがわかっています。

これがヤセ菌がたくさんいる腸内フローラを持つ人が、肥満になりにくい理由です。

バクテロイデス門に属す、バクテロイデス菌は、私たちが食事からとった栄養を分解して、短鎖脂肪酸という物質をつくることができます。バクテロイデス菌が作った短鎖脂肪酸は、脂肪の吸収を抑えたり、脂肪を燃やしたりします。

スポンサードリンク

デブ菌=ファーミキューテス菌は悪者か?

ファーミキューテス菌は、ただ単に栄養を吸収するのが上手な菌・・・そう考えると、決してデブ菌が悪者というわけではありません。

栄養をカラダに吸収してくれることは、場合によってはすごくありがたいことです。

現代は飽食の時代です。昔みたいに栄養がなかなか取れない時代であれば、デブ菌はとてもありがたい存在ですが、人間がそこまでエネルギーを使わない場合、摂りすぎたエネルギーがさらにデブ菌によって蓄えられて、余ってしまう・・・そしてそれが体に蓄積し、「肥満」を招いてしまう・・・という悪循環ができてしまいます。

飽食の現代だからデブ菌はどうしても嫌われちゃいますが、今がもし食料がない時代だったら・・・きっと私たちは「デブ菌さまさま」で頼りきっていることでしょう。笑

「デブ菌」の理想的な割合

「デブ菌」は決して、いじわるで私たちをデブにしているわけではありません。笑

私たちにとってありがたい働きもしますから、私たちはみんなおなかの中に「デブ菌」を飼っています。

でも、その割合は人によって違います。

「デブ菌」が多い人は、カラダに栄養を吸収しやすいですし、「ヤセ菌」が多い人は、栄養を吸収しにくくなります。よって、太りやすさ、やせやすさに違いが出てくるのです。

デブ菌とヤセ菌の理想的なバランスは、

デブ菌:ヤセ菌=4:6

と言われています。

ただ実際は、その人の体質によって変わってきますので一概には言えなそうですね。

「デブ菌」が増えやすい食習慣とは?

もともと最適な腸内環境は人によって違うのですが、「デブ菌」があまりにも増えてしまうとそれはそれで困りものです。そんな時は、食習慣を見直す必要があるかもしれません。

上で説明したように、デブ菌は栄養を分解したがる菌ですから、栄養がいっぱいあればあるほど、元気になって増加してしまう可能性が高まります。

高脂肪で、高糖質な食生活が大好物なのです。

慶応義塾大学の福田准教授によれば、腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉物質が増えて血液中に取り込まれてしまうと、肥満や糖尿病につながるとのこと!脂肪分の多い欧米化した食事がデブ菌を増やす原因になる可能性があると指摘されています。

一度そうなると、ヤセ菌がどんなに頑張って短鎖脂肪酸を作ったとしても、追いつかず、全部栄養は吸収されてしまいます。

「デブ菌」を減らす方法

「デブ菌」を減らすには、「デブ菌」が好きな高脂肪、高糖質の食事を控え、低脂肪、低糖質の食事をすること、そして、発酵食品を含めた乳酸菌や酵母菌などの菌類をたくさんとることが必要です。

詳しくはこちらの記事にまとめたので、気になる方は読んでみてくださいね。

不安な人は「デブ菌診断」がおススメ!

最近は、私たちの腸内環境もだんだん分かることが増えてきて、今やデブ菌とヤセ菌の割合も計測できるんですって。笑

自宅にいながら腸内環境を「見える化」してくれる腸内細菌叢検査キット、実は私も検査済みです。うれしいことに、私はヤセ菌が多かったんです♪ 

ちなみにデブ菌だけではなく、大豆イソフラボンを有効活用するために必要なエクオール産生菌も確認できます。
気になる方は、今後の参考にチェックしてみるのもありかも?

1年後にもう1回計測しよう!!
それまでに腸内環境をもっとよくするぞー

っていうモチベーションにつなげることができますよ。笑
腸内環境改善を目標にしても、結構すぐへこたれちゃう方にはおすすめしたいサービスです。

デブ菌まとめ

デブ菌は確かに私たちを太らせてしまうかもしれませんが、私たちの体を守ってくれるスゴイ菌です。必要以上に嫌わないで、仲良く共存することを考えましょう。

過度に嫌って腸内環境をアンバランスにすると、痩せることができたとしても、何かしら健康に害が出る危険性もあるかもしれません。

腸内環境のバランスが整うと、自然に「デブ菌」「ヤセ菌」のバランスも、本来の自分に必要なバランスに落ち着いてきます。偏った食生活を見直すことがいちばんのポイントになりそうですね♪

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。