▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

ひとりごと

PCMとは? ~心理学手法とストレス~

投稿日:2016年11月1日 更新日:




腸内環境や腸内細菌のことを考え始めたら、むかしむかしに気になっていた心理学もとても気になりはじめてしまいました。そんな感じでこのところ、心理学の本もいっぱい読んでる。笑 
 
あんまり関係ないやんけ!
 
って思う方もいるかもしれませんが、私は関係があるような気がしています。
 
以前、このブログにも書きましたが、脳と腸が繋がっていて、腸が「考える臓器」だとするならば、そして、いろいろなココロの調整をする「ホルモン」の多くが腸内で作られているとするならば、自分のココロを安定させるヒントは腸内環境や腸内細菌のバランスに関係があるはずだもの。
 

 
そんなこんなで、心理学の1つのモデルである「(Prosess Communication Model)」を学ぶセミナーに行ってきました♪
 


 

PCM(Prosess Communication Model)とは?

私たちは誰もが6つのパーソナリティタイプを持っていて、そのうちとても強く持っているタイプ、そして反対に弱く持っているタイプがあります。
 
それは、その人のよく使う言葉や態度、得意なことなどから推察することができます。
 
このパーソナリティタイプをどのような組み合わせで持っているかを知れば、自分そして、相手の特徴を理解することができ、その相手にあった、コミュニケーションをとることができるのです。なんか、面白そうでしょ?
 

PCM(Prosess Communication Model)の6タイプとは?

私たちはみんな6つのパーソナリティタイプを持っていて、人によって強く出るタイプの組み合わせが違います。その組み合わせによって、それぞれの行動パターンが異なるので、そのパターンを知れば相手のことを理解しやすくなります。
 

シンカ―

合理的かつ効率的に進める
 

パシスター

自分の意見を積極的に述べ、議論を好む
 

ハーモナイザー

自分のことよりも相手のことを優先する
 


▼記事内容はこの下に続きます▼


イマジナー

内面世界が豊かで1人でいることを好む
 

レベル

楽しいことが好きで、喜怒哀楽が豊か
 

プロモーター

適応力に優れプレッシャー に強く、短的に話す
 

まとめ

なんか自分のことがとてもよくわかりました!!笑
いつも考えてしまいがちなことが全部当たっていて、メソッドとしてとても信頼性の高いもののように思います。
 
血液型占いとか、動物占いとか、もちろん占いも統計学の1種なんで傾向としては理解できるけど、なんかちがうなーと思うことも多かったけど、さすがに7000とおり以上の分け方ができるメソッドなので、納得感が強いものでした。
 
もっと深くまで勉強してみたくなったけど、とりあえずはここまでを自分なりに復習したいと思います。

 
▼セロトニンについてもっと知りたい方におすすめの記事は下にあります↓




 
▼セロトニンについてもっと知りたい方におすすめの記事

 

ランキング参加中、応援クリックお願いします♪

↓↓ 現在の順位はこちら ↓↓

-ひとりごと
-, , , ,

長谷川ろみ

関連記事

甘酒習慣化始動!ヨーグルティアスタートセット(YM-1200)が届いたぞー!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 やったーーーー♪ やっとこ届きました、ヨーグルティア!!めちゃめちゃ待ってましたよっ。 これこれ、これよぅ♪ 開けたらこん …

青山・国連大学で開催!「発酵醸造未来フォーラム」に行こう!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 いつもファーマーズマーケットなどの自然や農業、食に関係があるイベントをたくさんやっているので、たまに遊びにいく青山の国連大 …

来たぞインフルエンザ2016! 予防接種、いつから受ける?受けない?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 みなさんは、毎年、インフルエンザの予防接種受けてますか?今日、「インフルエンザの予防接種受けるなら申し込んでくださいねー」 …

自宅でできる腸内フローラ検査 『Mykinso』をやってみた!(1回目 ※2016年7月)

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 腸内環境は、なかなか目に見えないので、とりあえず見える化したいーという希望が強く、自宅でできる腸内フローラ検査 『Myki …

コーヒー習慣を辞めます!?自家製酵素ジュースに切り替える、意外な方法

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 今、商品開発のお仕事をもらっていて、自分が作ったレシピの試食会の時に持っていく容器がたくさん必要で、自分なりに検討したとこ …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ