▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

お腹に優しい食べ物を選ぼう!選び方と食べ方 ~腸内環境の最適なPH値~

投稿日:2016年10月31日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

おなかの中の腸内細菌がよろこぶ腸内環境について語られる時の1つのポイントとして、「」があります。小学校の時、リトマス試験紙で測りましたよね?酸性とか、アルカリ性とか…今回はそんなオナハシ。

カラダのPH値って、食べ物でかわるの?

基本的に、人間の血液のPH値ってそんなにしょっちゅうかわるものではないみたい。酸性食品を食べたからって酸性に大きく傾くことはなく、常に弱アルカリ性(7.4±0.05)に保たれています。

でも、そうやって血液のPHを保つためには、カラダの中でたくさんの機能ががんばっているんです。体内のPHは食べ物や運動によって少し変わることがありますが(それも、食べ物の中には酸性食品が多いため、酸性に傾くことが多いよう・・・。)、その酸性に傾いたPHを元に戻すために、骨に含まれるミネラルが使われます。

だから、カラダが酸性に傾くことがあまりに多いと、骨が弱くなってしまうこともあるんだって。また、カラダに摂りいれた食品の影響を受けやすい尿は酸性に傾くこともあり、それがヒドイと、痛風や尿結石になるリスクが高まると言われています。

腸内環境は弱酸性がベスト!

腸内細菌が喜ぶ腸内環境は、弱酸性と言われています。カラダを酸性にする酸性食品と呼ばれるものはこちらのとおり。


▼記事内容はこの下に続きます▼


・・・・・肉類、魚類、卵、砂糖、穀類

私たち人間にとって、主食やおかずの主役となりえる食べ物ばかりですよね。そして、アルカリ性食品と呼ばれるものはこちら。

・・野菜、果物、海藻、きのこ、大豆

ということは…お野菜などを食べないでお肉ばかり、炭水化物ばかり食べていると、腸内環境は酸性に傾きすぎてしまうのです。こうやって見てみると、アルカリ性食品として分類される食品には、カリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラルがとっても豊富ですね。腸を動かす力のある成分も多いみたい。

お肉やお魚、ご飯やパンだけでなく、お腹に優しい野菜や海藻などもバランスよく、なるべく品数多く食べることが大事になりそうです。

単品料理は片寄りがち?定食がベストな訳

食べ方としておススメなのは、定食です。単品料理のラーメン、オムライス、カレーライス、パスタなどは、どうしても野菜やミネラルが不足しがち…もし食べる時は、追加注文でキノコや野菜、海藻もとりたいところ。定食系だとおかずが1品ということも少ないと思うので、自然とバランスが整いがちなんです。

もちろん定食なら全部オッケーというわけではないですが、一つの目安として考えてみてくださいね。ラーメンライス定食とかお好み焼きライス定食とかは、定食とは言えないかも。笑

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

-健康
-, , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

【花粉症対策2017】ビタミンDを摂取したほうがよい理由と具体的な方法

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 桜がさいてるぞーーーー♪ やっとこさ、お花見の季節!まだ5分咲きぐらいではあるけど、ミニお花見をとり行いました。笑 まだか …

【海外の発酵食品】栄養満点!発酵ペースト「ベジマイト」ってなに?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 みなさんは、発酵ペーストの「ベジマイト」ってご存知ですか? 私はなぜか、小さい時におうちにあったので、結構懐かしい響きなの …

BRM乳酸菌が腸内環境にもたらす影響・効果とは?自分のカラダで実験♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 前回の記事でDHAとEPAサプリの話を書いたけど、実は、同時に乳酸菌サプリも買ってみたんだ~★ 本来ならば、発酵食品や自然 …

「菌活」とは?~ヨーグルトだけ食べててもダメ?定義と効果~

前回、タイトル「「腸活」とは? ~腸活の定義と考え方~」でご紹介した、本サイトで考える、腸活スローガン!   「くう、ねる、あたため、そしてだす」   この中で、今回は腸活の基本で …

「生姜ココア」の作り方♪ ~忘年会が増える季節におススメの腸内環境改善ドリンク~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 そろそろ忘年会シーズンで、お酒を飲む機会や暴飲暴食に陥り、胃腸が弱る機会が増えてくるのではないでしょうか?あと、寒い季節に …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ