「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の意味をまとめました!~腸内環境改善用語~

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

私たちは、毎日何かしらの食べ物を体の中に入れています。おなかの中に腸内細菌を飼っているんだ♪っていう意識が目覚めてくると、食べるもの1つ1つが与える腸内細菌への影響が、とっても気になってきちゃいますよね。

その中には、発酵食品のように、菌を直接カラダに入れる食べ物もあるし、菌を直接取り込まなくても、私たちの腸内環境にとって良い影響を与えてくれる食べ物もあります。今回はそんなオハナシ。

」ってなに?

英国の微生物学者Fullerの1989年の定義によると…

プロバイオティクス(Probiotics)
=腸内フローラのバランスを改善することで、人に有益な作用をもたらす生きた微生物のこと

反対語:抗生物質(antibiotics)
由来:共生を意味するプロバイオシス(probiosis)

だそうで、微生物=菌たちのことを指します。場合によっては、その微生物を含む食品であるヨーグルトやキムチ、納豆なんかも「プロバイオティクス」と呼ぶことがありますよね。

「病気になってから細菌(ウイルスなど)を退治する」という考え方がもとになっている、「アンチバイオティクス=抗生物質(antibiotics)」の反対語のような形で生まれた言葉で、予防医学的な考えから来ているみたい♪

確かに抗生物質って、微生物の増殖を止める物質のことだもんね。病気と闘う時にその病気の素になっている菌と戦うために、お医者様から処方されたことがある人も多いと思います。

」ってなに?

これまた英国の微生物学者である、Gibsonによって1995年に提唱された比較的新しい言葉です。

スポンサードリンク
プレバイオティクス((prebiotics)
=主に大腸の中にいる微生物のエサになって、微生物の増殖を助けたり、腸内フローラのバランスを整える食品成分のこと

誤解を恐れずにかんたんに行っちゃうと、

プロバイオティクスは、菌
プレバイオティクスは、菌のエサ

って考えられそうです。

両方大事という考え方が主流!「シンバイオティクス」とは?

プロバイオティクス(=菌)も、プレバイオティクス(=菌のエサ)も両方大事ですよね。だからね、両方一緒に摂りましょうという考え方、もしくは、その両方を含む食品やお薬のことを「シンバイオティクス」っていいます。「シンバイオティクス」も英国の微生物学者Gibsonが発表した言葉ですね!

菌と人間の関係っておもしろい

人間は菌にやられて病気になることもあるし、その反対に菌に守られて元気になることもある…ほんとにこの関係性は不思議です。抗生物質を飲むときもあれば、喜んで発酵食品を食べることもあるんですもんね。私はちょっと風邪気味ぐらいでは、お薬は飲まないようにしています。腸内細菌たちをむやみやたらに困らせたくないというのが理由なのですが…

つい最近、親不知がはれにはれて、抗生物質を処方され、あまりの腫れのひどさに、なくなく抗生物質を飲みました。泣
だって、2~3日、口が開かなくて熱もすごくて大変だったんだもん…でも、やっぱり菌を殺すのには違和感があります。もちろんどうしてもしょうがない時はあるんだけど…できるかぎり、菌と共生していくことを考えていきたいです…★ 

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。