発酵食品レシピ「梅酢ピクルス」作ってみた♪

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

急に野菜を切りたくなることありませんか?私はある!笑

ちょうど常備菜があんまりなくなってきたので、いつでも食べられる野菜を作っておくことにしました。冷蔵庫を開けて目に入ったのは…そう、黄金に輝く液体。今年作った梅干しは、私の計画性のなさで、もう全部たべちゃったんですけどね、笑、まだ、わたしにはその時の大事な宝があるのです。その時にできた「梅酢」です★ 手づくり梅酢は、栄養タップリですよ♪


梅酢ってなに?

梅干しを作る時に、梅をつけておく液体のことです。普通は、漬け置きして、そのあと梅をおてんとうさまの下に干して、出来上がりとなります。梅干しの作り方によって、できる梅酢に入っているものは違うと思うんだけど、わたしの家にある梅酢は、、てんさい糖、食塩と梅からでるエキスでできています。

梅酢に期待できる健康・美容効果は?

お酢は発酵調味料の代表とも言えますが、さすが発酵しているだけあって、私たちの健康を手助けしてくれると言われています。そのお酢になんと梅のエキスまで入ってしまっているのです。普通に考えてもスゴイでしょ?

脂肪燃焼効果

お酢の中に入っている酢酸は、内臓脂肪の減少に効果があると言われています。

血圧低下効果

お酢の中に入っている酢酸は、血圧の上昇に関係するホルモンを抑えてくれて、正常値まで調整してくれると言われています。

脂質低下効果

お酢の中に入っている酢酸は、コレステロールの合成を抑える働きがあり、また脂質代謝を助け、血中脂質を低下させる効果があると言われています。

スポンサードリンク

抗酸化効果(アンチエイジング)

クエン酸に含まれる抗酸化作用が期待できます。血液をサラサラにし、動脈硬化を予防します。

おススメレシピ「梅酢ドリンク」

夏の間はもっぱら、ドリンクにして飲んでいました!サイダーにスプーン一杯の梅酢を入れるだけで、かなりさっぱりで疲れがとれる気がする栄養ドリンクになります。

私はサイダーに入っているお砂糖が気になっちゃうので、無糖の炭酸水にスプーン一杯の梅酢を入れました。ちょっと甘さがほしいときは、はちみつで調整したほうが、はちみつのもつミネラルも摂れておススメです♪

夏が過ぎると、なかなか炭酸水は飲まなくなります。私カラダが冷えやすい体質だから、なおさらね。ということで、ピクルスを作ってみました。いろいろ調味料を入れたり入れなかったりして、実験中!笑

おいしくできたら後日、レシピ公開します♪

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。