腸内細菌がつくる「短鎖脂肪酸」は肥満を防ぐ!その仕組みと効果まとめ

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

最近、「」が、メディアなどでよく取り上げられているような気がします♪「短鎖脂肪酸」ってなに?脂肪?太るの??って思った方がいたとしたら、逆です!逆。笑 「短鎖脂肪酸」は、わたしたちのカラダにとってとても有益な「油脂」なんです。


痩せる脂肪!?「短鎖脂肪酸」ってなに?

「短鎖脂肪酸」は「脂肪酸」ってつくだけあって、もちろん「油脂」を構成する成分の1つです。でも、ただの「油脂」というにはもったいない、私たちのカラダにとってありがた~い特徴があります。

・エネルギーになりやすい
「短鎖」と言われるように、その分子の鎖が短くて分解されやすいのが特徴の「短鎖脂肪酸」は、水やミネラルなどの吸収をするためのエネルギーに変わりやすく、ちゃんと使われる脂肪酸です。そのため、脂肪の蓄積を防ぐと言われています。
・脂肪の肥大化を止める力がある
太るということは、カラダの中にある脂肪細胞が肥大化する…ということなのだけど、「短鎖脂肪酸」は脂肪細胞に働きかけて、肥大化を止めることができると言われています。
・腸内環境を弱酸性に保ち、大腸がん予防をしてくれる
「短鎖脂肪酸」は酸性成分なので、これがたくさん作られる腸は、弱酸性になります。弱酸性の腸は、善玉菌がよろこぷ腸!悪玉菌はちょっと元気がなくなります。そのため、発がん物質である有害な腐敗物質が生成されにくくなり、がんの予防につながります。

「短鎖脂肪酸」は誰がどうやって作るの?

エネルギーになってくれて、脂肪の肥大化も防いでくれる、私たちのダイエットの味方である「短鎖脂肪酸」ですが、食べ物から摂取しようとすると、少し難しいのが現状です。そして実は、もっと効率的に作れる方法があるんです♪その方法とは…私たちの腸内で暮らす、腸内細菌に作ってもらう方法です。

そんなに言うこと聞いてくれるかねぇ~?と疑心暗鬼の方もいるかもしれませんが、大丈夫、コツさえつかめば彼らをコントロールするのは難しいことではありません。腸内細菌の中でも、ヤセ菌と言われるバクテロイデス属が「短鎖脂肪酸」を作ることを得意としているので、この子たちにアプローチします♪

スポンサードリンク

ヤセ菌に「短鎖脂肪酸」を作ってもらう方法

いわゆるヤセ菌と言われている菌は、バクテロイデス属に所属する日和見菌たちですが、彼らの大好物を知っていますか?大好物をあげれば、むしゃむしゃ食べて、その大好物を分解する過程で「短鎖脂肪酸」は作られます。

ということは…私たちにできるのは、ヤセ菌たちの大好物をお腹に供給すること!(若干、わいろっぽいけど。笑)その大好物とは、水溶性食物繊維です。

▼水溶性食物繊維がたくさん含まれる食べ物
―――
・野菜類
オクラ、ごぼう、アボカド、モロヘイヤなど
―――
・海藻類
ひじき、わかめ、もずく、昆布など
―――
・果物類
バナナ、りんご、いちご、ももなど
―――
・豆類
納豆、きなこなど
―――

まずは、これらの食材を毎日摂取することを心がけてみましょう♪あなたのお腹の中にいるバクテロイデス属の日和見菌たちが、お礼に「短鎖脂肪酸」を作ってくれますよ★

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。