健康長寿「センテナリアン」を目指そう!長寿に効く食べ物は腸内細菌によって違う?!

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

↓この記事は以下の記事の続きです

アンチエイジングは古い?!エイジングを楽しむ「」とは?
http://romi63.seesaa.net/article/443913391.html

多くの方が望む健康長寿のために、世界ではいろいろな研究がされています。その中でも注目されているのが、100歳以上の長寿者が局地的に多い、世界の長寿のホットスポット、ブルーゾーンと言われる地域です。

▼世界の長寿ホットスポット例
イタリア:アッチャローリ地方
日本:沖縄
アメリカ:カリフォルニア州ロマリンダ
コスタリカ:ニコヤ半島
ギリシャ:イカリア島

今回は、これらの健康長寿地域のことを調べた、ある実験をご紹介したいと思います♪


実験!地中海食を、1年食べつづけたら…

イタリアにあるボローニャ大学のクラウディオ・フランチェスキー名誉教授は、イタリアのアッチャローリ地方でよく食べられる地中海食(魚、オリーブオイル、ナッツ、野菜などが多い)に注目しました。欧州5カ国の高齢者を対象に地中海食を1年間食べ続けてもらい、その体の変化を調べる研究を行いました。

すると、全体的に炎症が低くなることがわかりました。しかし、それと同時に、一部の国では、あまり効果がないこともわかったのです。

スポンサードリンク

腸内細菌によっては、イイ食べ物も意味ない?

地中海食の場合、イギリスで育ったイギリス人の被験者にはほとんど効果がありませんでした。その理由は、人種の違い、遺伝子の違い、そして腸内細菌の違いではないかと言われています。腸内細菌は、生まれた国や環境、そして長年摂取した食べ物によって大きく違ってきます。なので、健康長寿の「センテナリアン」を目指す力になってくれる可能性の高い食材であっても、うまく働かない、もしくはお腹の中のある腸内細菌に分解されてしまう可能性もあるのです。

腸内環境とよく合う食材でありながら、健康長寿に効く食事がいちばんよく、日本人の場合は、やはり日本食がベストである可能性が高いと言われています。日本で昔からよく食べられている魚や大豆、味噌、海藻などの抗炎症成分の多い食材は、私たちの健康長寿を叶えてくれる私たち独自の食べ物なのです♪

もちろん、地中海食でもその他の食事でも、体質によって合う物はあるはずなので、ちゃんと自分のカラダの反応を見ながら、急激にではなく、長い時間をかけて、食習慣にしていくことが大事なようです★

参考:http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/nhk/201/537586/

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。