▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

腸活レシピ

乳酸キャベツの効果と作り方 ~失敗しないで作るコツ~

投稿日:2016年11月15日 更新日:




2016年11月8日、日本テレビで放送された、ナインティナインさんの「解決!ナイナイアンサー」という番組で、SKE48鎌田菜月さんがダイエット食材として紹介していた、「」!
 
これも自然の乳酸菌が作ってくれる立派な発酵食品です。今日はこの、「乳酸キャベツ」について、ご紹介したいと思います★
 

 


 

乳酸キャベツとは?

「乳酸キャベツ」っいうと、ちょっと最近の流行りもののようが気がしますが、諸外国、特に欧州地域では、日本の漬物のように古くから人々の食生活を支えてきた食べ物です。
 
「ザワークラウト」や「シュークルート」という名前を聞いたことはありませんか?
 
実は、今話題になっている「乳酸キャベツ」は「ザワークラウト」や「シュークルート」と同じものになります。簡単に言うとキャベツのお漬物ですね。
 
日本のたくわんや梅干し、韓国のキムチと同じぐらい、西洋では古くから愛され、西洋の方の腸内環境の改善に古くから役立ってきました。
 

乳酸キャベツがダイエットにいい理由

もともと日本でもキャベツの健康効果、ダイエット効果は有名ですよね。胃腸薬に配合されている、胃腸の粘膜を修復してくれる「キャベジン(ビタミンU)」がたっぷり含まれているだけでなく、腸内に生息する腸内細菌のエサになる、食物繊維や、腸の動きを活発にするビタミンCもたくさん含まれています。
 
そのキャベツを乳酸菌のちからで発酵させたものが、この「乳酸キャベツ」!発酵過程で乳酸菌が増殖するので、すっぱくなるころにはキムチと同じぐらいの乳酸菌が住んでいる、腸内環境にやさしい食べ物になります。
 

乳酸キャベツの作り方

材料

 1個(1キロぐらい)
塩 20g程度
砂糖 小さじ1/2
お好みのスパイス (唐辛子、生姜、ローリエ、粒こしょうなど)

1:買ってきたキャベツを千切りにする
→コツは切る前に洗いすぎないことです♪洗いすぎるとキャベツについている乳酸菌たちがみんな流されてしまうかも?おススメは洗わずに、外側のキタナイ葉っぱをちょっととるぐらいがいいかもしれません。
2:ジップロックなどの保存袋に入れて、塩と砂糖とスパイスをふる
→全体に塩をなじませたいので、少しずつ袋にいれて、塩をふったほうがいいかも?
3:全部キャベツが入ったら手でもむ
→よーくもみましょう
4:余分な空気を抜いて密閉して重石をする。
5:日の当たらない常温の環境で1~5日ほど置いておく
6:味見して酸味があったら出来上がり

→冷蔵庫で保管しましょう。冷蔵庫の中なら1ヶ月ぐらい日持ちします。

 

乳酸キャベツの失敗例と失敗しないコツ

発酵食品は、腐っているのか、発酵しているのかわかりにくいところがよく指摘されます。発酵臭に慣れていない人は、単純に「臭い・・・」と思ってしまいがち。そして正しくできているのに捨ててしまったり・・・。笑
 
もしくは、全く発酵しないという例も多いみたいです。
 
ココではよくある失敗例を元に、失敗しないコツをまとめてみましょう。
 


▼記事内容はこの下に続きます▼


キャベツを洗いすぎない

作り方のところでも説明しましたが、そもそも乳酸キャベツは、キャベツについた乳酸菌が作ってくれるものです。だから、キャベツをごしごし洗うと、乳酸菌がいなくなり、発酵してくれる子がいなくなります。一番外側の葉っぱは使えないので摂ってしまって、あまりごしごし洗わないようにしましょう。
 

新鮮なキャベツを使う

漬け物にするんだから、腐りかけで冷蔵庫の片隅に放置されていたキャベツでもいいんじゃない?と思う方がいたら、それは大間違いです!先ほど書いたように、乳酸キャベツは、キャベツについた乳酸菌が命!古いキャベツだと、もう乳酸菌はあんまり住んでいないかもしれません。とれたての新鮮なキャベツであればあるほど失敗しにくいハズです。

塩と砂糖の分量は正確に

発酵食品にとって、間違った分量は命取りです。というのも砂糖と塩は、乳酸菌が乳酸キャベツを作ってくれるためにとても重要な働きをしているからです。塩は水分を出して浸透率を高くし、漬物を作りやすい環境を作ってくれているし、砂糖は乳酸菌のエサになるので、乳酸菌の活性化=発酵に必要不可欠です。

まとめ

発酵食品って、何が正解かわからなくて作り方が難しい!とよく言われますが、慣れるまでは単純にレシピ通りに作れば大丈夫なはずです。発酵は化学反応だと思ってもらってもよいほど、材料の分量や質に正確に現れるので、慣れないうちはレシピ通りにトライしてみてくださいね。

腸活の参考にしていただければ幸いです。
 
▼発酵についてもっと知りたい方におすすめの記事は下にあります↓




 
▼発酵についてもっと知りたい方におすすめの記事

-腸活レシピ
-, , , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

【レシピ】冬アイスちょいたしレシピ!バニラ×〇〇で腸内環境改善しよう!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 さむ~い季節なのに、なぜかアイスが食べたくなる…なんてことありませんか? そんなわたしと同じへそまがりさんも結構多いらしく …

腸内環境改善レシピ★市販のキムチを好みの味に!「キムチアレンジ法」

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 うちの冷蔵庫には常にキムチが入っています。本当は手づくりでちゃんと自分が認識した材料だけを入れたものを食べたいところだけど …

進化系トマトみそ汁「味噌ストローネ」? 美容にも便秘にもいい理由

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 寒くなってくると、もう絶対に夕食にスープは欠かせない!というのが、寒がり女性あるあるだと思うのですが、みなさんはいかがです …

本日のメイソンジャードリンク~やっぱりお酢はすっきりします~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 毎日カフェラテをやめてから3日です。やっぱり…単純に口が寂しかっただけみたいだから、ぜんぜん平気です。笑 寒いとミルク系が …

携帯みそ汁のススメ。~お手軽腸内環境改善テクニック~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 仕事中におなかがすくと、ミルクたっぷりのコーヒーとか、アメとかキャラメルとかを食べてしまいがちなわたし。夏もたまーにやって …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ