高カカオチョコレートが便秘解消によい理由【チョコとヤセ菌増殖効果】

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

この際、言っちゃいますけどね、わたし…チョコ中毒なんです。笑 いやいや、ほんと、健康なんだけどね、好き嫌いないんだけど、もちろんタバコもすわないし、でもでも、どうしてもどうしてもどう~~~しても、やめられないものがあってね、それがチョコなんです。 ストレスになっちゃうぐらいなら、食べたほうがいいでしょ?今回はわたしと同じように、チョコに対する想いが強すぎる方に朗報です♪


高カカオチョコレートは、ヤセ菌を増やす!

株式会社 明治と帝京大学の共同研究により、以下のことがわかりました!

・チョコレートを食べると、「フィーカリバクテリウム属菌」の割合が増える

「フィーカリバクテリウム属菌」はカンタンにいうと、ヤセ菌のこと!さて、どんな特徴があるのか、詳しく見てみましょう。

フィーカリバクテリウム属菌ってどんな菌?

フィーカリバクテリウム属菌は善玉菌の一種で、酢酸を消費して酪酸を作ることができる、「酪酸産生菌」です。酪酸は、大腸を動かす最大のエネルギーとなるので、腸のぜん動運動を活発にして便秘を防いだり、腸管のキズを治すことができます。また、酪酸は、短鎖脂肪酸の一種で、細胞の肥大化を防ぎ、脂肪を燃焼してくれます。ということは、肥満を防ぐことにもつながります。

腸炎、腎不全、神経系の病気を持っている人、そして太っている人の腸内細菌を調べると、フィーカリバクテリウム属菌が少ないことがわかっています。

高カカオチョコレートVSホワイトチョコレートの結果比較

高カカオチョコレートもおいしいけど、結構苦いのもあるし、普通のチョコレートでも腸内細菌を増やすことができるなら、もっといいなぁ…というわけで、2つのチョコレートのフィーカリバクテリウム属の占有率の変化が出ていたので、こちらもご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

チョコレートを摂取する1週間前と摂取2週間後をホワイトチョコレートを摂取した人と高カカオチョコレートを摂取した人に分けてフィーカリバクテリウム属の占有率を比べてみると、以下のようになりました。

ホワイトチョコレートの場合
→1%UP (約3%から4%へ)

高カカオチョコレートの場合
→4%UP (約4%から8%へ)

普通のチョコレートでもよい影響があるにはあるんですが、あまり変わらないのに比べて、高カカオチョコレートは占有率は倍になったことがわかります。

高カカオチョコレートの便秘改善効果がスゴイ!

こんなデータもあります♪カカオ分72%の高カカオチョコレートをとった人とホワイトチョコレートをとった人を比べて、便通改善効果をみてみたところ、次のことがわかりました。

・排便回数が増えた!
高カカオチョコを摂取すると、約2週間で平均排便回数が2.8回から4.9回に増えた。
・1回の便の量が増えた!
高カカオチョコを摂取すると、摂取2週間で排便量が2倍以上に増えた。

スゴイなぁ~~★ ぜんぜんチョコをやめる必要ないですね!!笑 食べすぎには注意だけど、これからはちゃんと高カカオチョコを選んで、おいしくいただこうと思います♪


参考:https://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2016/detail/20160929_01.html

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。