高齢者便秘の原因・注意点・解消法

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

若い時は快便だった方でも高齢者になると、急に便秘に悩まされることがあります。特にね、女の方は若い時から便秘に悩まされているので、慣れている部分もあるんだけど、おじいちゃんは急に便秘になるので大変みたいです。うちのおじいちゃんも便秘薬を飲みたがっていた覚えが…でも便秘薬もお年寄りはちょっと危険な可能性があるので、本当に若い人が気を付けてあげないといけません。

若い人なら、便秘に効くとされているものでも、高齢者の場合は注意しなければならないことがあるのです。

目次

高齢者の便秘の原因は?

高齢者になると、なぜ便秘が増えるのか?そこには明確な理由があります。

・筋肉が少なくなる

お年寄りになると、どうしても筋肉が落ち、肉体が衰えます。それは見える部分だけではなく、腸内環境も一緒です。例えばうんちを出すために踏ん張る力、そして腸のぜん動運動もですが、すべてが少しずつ弱まります。そうなると、便が出口まで到達させることが大変になってしまうのです。

・食事量や水分量が減る

歳をとるとどうしても食事の量が減り、お水も摂らなくなります。お水はきちんと自己管理ができているお年寄りほど、トイレが近くなったらどうしようという心配が強くなって、飲まなくなる傾向にあるようです。

・常備薬が増える

副作用として、便秘になりやすい薬は案外多いものです。例えば抗生物質は、菌を殺してしまう薬ですから、腸内細菌も元気がなくなります。どうしても飲まないといけない場合も多くなってきますから、なかなか自分で調整しずらいカラダになります。

高齢者の便秘で注意すべきこと

高齢者は、若い人に比べて、食事に対する自由度がどうしても減ってしまいます。そして、一つ一つの臓器が弱っているため、あまり刺激するのもよくありません。

スポンサードリンク

例えば、病院でよく処方される便秘薬の1つである「酸化マグネシウム」ですが、お年寄りは注意が必要です。なぜなら長期間「酸化マグネシウム」を摂取すると、「高マグネシウム血症」という病気になる恐れがあるからです。

また、通常は便秘に良いと言われる食物繊維も、摂りすぎに注意が必要です。あまり腸の動きが活発でないお年寄りが食物繊維をたくさん摂取してしまうと、便が固くなって全く外にでてくれなくなる可能性を秘めているからです。お年寄りは水を摂りすぎないように気を付けている方も多いため、ますます、かたくなってしまいます。

高齢者限定!便秘に効く食べ物はコレだ!

高齢者は上記の理由から食べ物の制限が増えてしまいます。でも大丈夫、ちゃんと食材を選べば、高齢者でも便秘を防ぐことが可能です。

・発酵食品をとること

みそ汁やお漬物をはじめとする、発酵食品をたくさん摂りいれてください。あまり食物繊維が多すぎても心配ですが、おみそ汁は毎日の習慣にしておいて問題ありません。食物繊維が多い食べ物を食べる時は、一緒に水分もたくさん補給してください。

・乳酸菌のサプリなども視野に入れること

サプリより天然の食材がいちばんいい!と頑固に摂らない方もいらっしゃいますが、どうしても高齢者の方は食べる量が減ってきます。すると十分な量の食べ物が食べられず、お腹の中に良い菌が届きません。時にはサプリなども視野に入れて、乳酸菌を十分に摂ってください。

高齢者になってもおいしいモノを好きなだけ食べたい方は、ぜひぜひ、いつまでも健康な食生活を送って、ちゃんとお腹のゴミであるうんちは外にだしてくださいね!

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。