▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

ダイエット

腸内環境改善の味方?!NYで話題の「アボカド100%マヨネーズ」がほしい☆

投稿日:2016年11月20日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

なんと、久しぶりにすごーくかわいくて、すごーく美味しそうな調味料見つけちゃった☆これです、これこれ。ナチュラルでヘルシーな健康志向の会社「Sir Kensington’s()」さんの100%
油分は、100%アボカドのみというこだわりよう…ほんっとに美味しそう。

腸内環境改善のお供にアボカドがよい理由

森のバターと形容されることが多いアボカドですが、アボカドの脂質は8割が不飽和脂肪酸の一種のオレイン酸です。

・腸に刺激を与えるオレイン酸たっぷり

オレイン酸は善玉コレステロールを減らさずに、悪玉コレステロールのみを減らすことができるとても貴重な栄養素で、動脈硬化や心臓病などの予防をしてくれます。また、小腸で吸収されにくいので、腸に刺激を与えてくれて、ぜん動運動を促すことでも有名です。

・水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが神?!

食物繊維が腸内細菌のエサになることは有名ですが、腸内環境を整えるためには、一般的に不足しがちな水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が、1:2のバランスで含まれているのが理想、そしてアボカドは、ほぼ理想に近い割合なんです。この美容健康食材であるアボカドがなんと100%のマヨネーズならば、カラダへの影響とか、カロリーとか、そこまで考えなくても大丈夫そう…いいなぁ…ほしいなぁ。


▼記事内容はこの下に続きます▼


Sir Kensington’s(サー・ケンジントン)ってどんな会社?

実はまだ日本国内ではそこまで有名とは言えない、Sir Kensington’s(サー・ケンジントン)さんですが、それもそのはず、まだ日本市場では直接的な販売はしていないようです。ということで、残念ながら、まだアボカド100%マヨネーズは日本では買えません。でもケチャップは、株式会社セブンシーズ・パスタさんが取扱いを開始しています。ゆくゆくはアボカドマヨネーズも売ってくれるかもしれません☆

Sir Kensington’s(サー・ケンジントン)さんは、もともとは大学生だった、スコットとマークがはじめたこだわり調味料の会社だったそうです。遺伝子組み換えなしのヴィーガン対応のおしゃれな調味料は、当時まだあまりなくて、自分たちで作ってしまったそう…笑

メジャーブランドの調味料と比較すると、塩分は50%以上カット、砂糖は50-75%カットなので、安心して食べられるところから、おしゃれなニューヨーカーたちの間でとても人気が出ているそうです。ひょっとしたら…と思ってみた見たけど、Amazonでもアボカド100%マヨネーズは在庫切れ…(11/18現在)。やっぱり大人気ですね☆

参考:
http://find-travel.jp/article/52216

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

-ダイエット
-, , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

【腸活】ギーとバターの違い~プレミアム・有機グラスフェッド・ギーとは?~

ゴールデンウィークまっただ中です!ちゃんと遊んでますか? お休みお休み、わーい!と思っているみなさん、しかし、世間はもうすでに母の日の話題で持ちきりのようですよ。     ちょっと …

ファスティング資格を比較してみた~ファスティングコンサルタント、ファスティングコンシェルジュほか~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 腸内環境改善のためには、日々の食習慣がとても大事です。毎日食べるものが、私たちのカラダを作っているのだからこれはあたりまえ …

朝食抜きプチ断食の効果まとめ ~腸内環境改善やデトックス効果にも期待?!~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 ファスティング(断食)が最近とても流行っていますね~♪酵素ドリンクを活用する方法や、おみそ汁を使った方法まで…でも、数日間 …

【ダイエット】小松菜の肥満予防効果がスゴイ!秘密はネオキサンチン?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 最近、小松菜にハマっています。正確に言うと、生小松菜。非加熱小松菜?とにかくただちぎるだけの小松菜サラダが妙に美味しい。笑 …

【大腸がんの原因】南アフリカ人とアメリカ人の食事を交換してわかったこと。

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 私たちの腸内環境は、生まれ持った体質や遺伝子だけでなく、生活習慣の影響が大きいと言われています。生活習慣とは、睡眠や運動・ …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ