▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

腸内環境の乱れが原因?口内ヘルペスと口内炎の違いとは?

投稿日:2016年11月20日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

毎日寒くて、風邪をひきやすい時期になってきましたね~。風邪をひきやすくなる冬は、腸内環境の乱れによる免疫力の低下から、様々な病気、症状になりがちです。今回取り上げる、口内ヘルペスと口内炎も、なぜか冬に多いのですが、その違いはいったいなんなのでしょうか?原因や注意点治し方などをまとめてみました。

口内ヘルペスと口内炎の症状の違い

/口唇ヘルペス

口内ヘルペスは、口の周りや口の中の粘膜に小さな水ぶくれが複数出る症状です。ピリピリとした痛みもあり、かかってしまうと辛さを伴います。唇に出来る場合は、水泡ができ、その後、黄色っぽくなる場合多く、口の中にできるものは色は変わりませんが、かなりの痛みが出ます。食欲がなくなってしまう方も…。感染率が高く、違う場所にどんどん続けてできてしまうのでなかなか治らず、紫外線によって悪化しやすいと言われています。

口内炎は、口の中もしくは口角に炎症が起こる病気で、口内に亀裂や腫れ、凹みができ、場合によっては白っぽくなることがあります。出血した場合は、かさぶたになり、かさぶたになると完治が長引く傾向があると言われています。


▼記事内容はこの下に続きます▼


口内ヘルペスと口内炎の原因の違い

・口内ヘルペス/口唇ヘルペス

原因は、ウイルス(単純ウイルスI型)です。ウイルスが顔の三叉神経に潜むことで、主に上半身や顔、特に口の周りや口角に症状が出やすい病気です。すぐに感染するので、周りの人に移ることもあります。感染のきっかけは、免疫力の低下によるものがほとんどです。疲労や外傷、精神的ストレス、生理の時にかかりやすいと言われています。

・口内炎

唇や歯茎、舌の裏側など口の内側に炎症が起きることが原因です。うっかり噛んでしまったところにばい菌が入ったり、ビタミンが不足しているとなりやすいとわれている病気です。そのため、感染することはほとんどありません。やはりこちらもきっかけは免疫力の低下です。ビタミン不足やばい菌の攻撃があったとしても、通常ならたいしたことがないのに、免疫力が低下していると、口内炎になりやすいのです。

口内ヘルペスと口内炎の治し方の違い

・口内ヘルペス/口唇ヘルペス

単純ヘルペスのウイルスを抑える薬(アシクロビル)を内服すれば治ります。ブドウ球菌などの細菌がついて、すでに黄色くなってしまったら、抗生物質を飲む場合もあります。

・口内炎

抗炎症作用のある薬を塗ったり、栄養バランスのよい食事をとって、安静にしていれば治ります。口内ヘルペスと口内炎は、どちらも腸内環境の悪化による「免疫力の低下」が引き金になっている可能性があります。予防法としては、質の良い睡眠と栄養バランスのとれた食事です。特に冬は、風邪やいろいろな小さな不調が起こりやすいので、免疫力を低下させないように気をつけましょう♪

参考:
http://senoopc.jp/disease/herpsy.html
http://www.skincare-univ.com/article/009279/

The following two tabs change content below.

-健康
-, , , ,

長谷川ろみ

関連記事

「君の名は。」に出てきた「口噛み酒」とは?~唾液中の酵素と空気中の酵母菌の仕組み~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 「君の名は。」が大ヒットして、私にみんなが教えてくれたことがあるんです。 「ねえねえ、この前言ってた「口噛み酒」、君の名は …

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の意味をまとめました!~腸内環境改善用語~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 私たちは、毎日何かしらの食べ物を体の中に入れています。おなかの中に腸内細菌を飼っているんだ♪っていう意識が目覚めてくると、 …

乳酸菌飲料を飲む理由からわかる!効果がある乳酸菌飲料はどれ?

市場調査を行うマイボイスコム株式会社さんが、「【 乳酸菌入り飲料 】に関するアンケート調査(第9回)」を発表しました!     9回も続いている、毎年恒例の調査ですが、みんながどん …

腸内環境に大事件!腸から毒素がもれる『リーキーガット症候群』とは?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 あれ?なんかじんましんが出てるなー腫れてるみたいだなーなかなかなおらないなーなんて思っている方がいたとしたら、それは『リー …

ココナッツオイルプリングの効果 ~歯周病菌が減り、腸内環境が良化するのか~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 先日11月30日のNHK「ためしてガッテン」で特集された「口内フローラ」についての回を見てから、ちょっと考えていることがあ …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ