徹底解明☆白髪が治る食べ物はあるのか?!~腸内環境と成長・ストレスホルモン~

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

大体10歳~15歳は若く見られる私のところには、よくこんな質問がきます。

「なんでそんなに若いの?」
「なに食べてるの?」
「なにぬってるの?」

お化粧品にあまり興味がないので、やっぱり発酵食と腸内環境への意識しか心当たりはないのですが、実は若く見られることは長年のコンプレックスでした。

やっと最近、「若くみえることってコンプレックスではなく、メリットでもあるんだ♪」と思えるようになったのですが、そんな私とは反対に、「老け顔コンプレックス」の方もいるみたい。それも「」には本当に困っている…という方が周りにたくさんいらっしゃいます。

白髪の原因ってなんなのだろう?

白髪の原因って、人によって様々で、まだ解明されていないこともたくさんあるようです。でもその中で、確実に人によってはこれが原因だろうと言われている原因もあります。

メラニン不足が原因!

毛根にある「メラノサイト」という細胞の中で生成される「メラニン色素」が不足してしてしまっている場合、白髪になってしまいます。メラニン色素は肌には大敵だけど、髪の毛には本当に大事な物質なんですね。メラノサイトが弱ってしまう原因は、ストレスやホルモンバランスの乱れ、乱れた食習慣が関わっていると言われています。(遺伝の場合もあるそうだけど、これはしょうがないかも)

スポンサードリンク

成長ホルモン不足が原因!

成長ホルモンは加齢によって少しずつ減っていきますが、これが早く多く減りすぎてしまうと、白髪になったり、しわやしみが増えたり、体力がなくなったり、歯周病になりやすくなったりするようです。ストレスもホルモンバランスの乱れも成長ホルモンも、大きくかかわるのは恒常性維持機能です。神経系・内分泌系・免疫系細胞たちに、やっぱり何かしらの狂いが生じている可能性はありますね。腸内環境の改善によって、片寄りのない恒常性維持機能の運用ができれば、白髪にも少しは影響があるのかも?

白髪が治る食べ物はコレだ!

恒常性維持機能の正常化のために良い食べ物は、白髪にも影響を与える可能性があると考えると、食物繊維が多い食べ物、腸内環境を改善してくれる食べ物がおすすめです。そして、成長ホルモンを促進する食べ物も効果がある方もいるかも!

▼食物繊維が多く、腸内環境を改善する食べ物
・発酵食品
・海藻類
・きのこ類
▼成長ホルモンを促進する食べ物(アミノ酸スコアが高い、必須アミノ酸が多い食べ物)
・アジ、イワシ、サケなどの魚
・納豆や豆腐などの豆類
・まぐろ、豚肉、牛肉などの肉類

バランスよく摂取して、恒常性維持機能の正常化を目指しましょう☆

参考:
http://www.dinicsbears.com/
http://www.178cm.biz/entry28.html
http://www.formal-manner.com/shiraga/cat29/

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。