ジョジョの奇妙な冒険は間違ってた?!若者の血にアンチエイジング効果はない!という研究結果が判明!

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

若い血をくれ~…若い美女の血で若返るのだぁ~~
っていう、吸血鬼の方がもしこのブログを読んでくれていたらですね、ちょっとそれは間違っているので、今後は若い血を吸わないでください。笑

あとね、ジョジョの奇妙な冒険が大好きで若い血を得て自らの肉体を再生させるのだ…むははは。と思っている人がいたら、その夢も、ちょっと実現が難しいかもしれないことをお伝えしなければなりませんw

2014年に発見された、「若返り因子」

2014年、Harvard Stem Cell Institute(ハーバード幹細胞研究所)の研究チームが発表した衝撃の実験が話題を呼びました。内容は、若いマウスの血中にたくさん含まれるたんぱく質「GDF11」が、脳神経や筋肉細胞の再生能力に大きな影響を与えている…ということ。ハーバード大学の再生生物学のエイミー・ウェイガース教授は、「これは生物における『若返り因子』を初めて証明したものだ」と語られていました。

どうやら、たんぱく質「GDF11」は、年齢とともに減ってしまうようなんです。

若返りへの欲望が招く、新しい血液交換ビジネス

この研究結果が発表されてから、世界では、アンチエイジングの新時代突入!とばかりに新しいビジネスが生まれようとしていました。例えば…カリフォルニア州モントレーに拠点を置くスタートアップ企業Ambrosia社では、8,000ドル(約81万円)で希望者に若者の血の輸血を行うプログラムを計画していました!スゴイですよねww やることはやい!!笑

「MIT Technology Review」によると、あくまで臨床実験ではありますが、16~25歳の若者から採血した血液を週に1回、4週間に渡って輸血するプログラムを600人の被験者に対して行う計画を進行中であるとのこと。結構勇気がいる、アンチエイジング法です!

スポンサードリンク

若者の血にはアンチエイジング効果はあるのか?

「Nature Communications誌」に掲載予定のカリフォルニア大学研究によると、若い血に若返りの効果があるのではなく、老化した肉体に流れる血液が不健康なのかも…ということがわかりました。

若いマウスと高齢者マウスで血液を半分ずつ入れ替えたところ、高齢マウスではほとんどなんの変化もなかったそうなのです。

その代り…若いマウスが24時間以内に、筋肉、肝臓、脳などの様々な組織が衰えてしまったそう…この実験結果が正しいものだとすると、老人に若い人の血を輸血したって何の効果もない可能性があります…。残念だったね、吸血鬼…。血を入れ替えるのではなくて、ちゃんと自分の血を、食べ物や生活習慣でキレイにすることを一緒に考えましょう★

参考:
http://tabi-labo.com/274834/antiaginggdf11
http://kenkounews.rotala-wallichii.com/young-blood_old-blood/

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。