下痢が続く原因は? 【女性編】~腸内環境と大きな病~

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

女性の場合、便秘に悩む方がとても多いので、下痢に悩む方はなかなか相談できる方がいない場合も多いと思います。また、普段は便秘なのに、急に下痢が続くと心配ですよね。。。今回は下痢が続く原因として考えられることをまとめてみました。

普段から下痢になりやすい方「慢性下痢」の原因

あまり便秘になったことがなく、何かしらの体調の変化で不調が続く時に下痢になりやすい方がいます。実はこれらの方は便秘と同じように腸内環境が悪化し、腸内細菌が暴れている状態かもしれません。

原因1 腸内環境の悪化

食生活の乱れやストレスによって腸内環境が悪化し、腸をはじめとする消化器官の働きが低下している可能性があります。ちゃんと消化されない状態で大腸まで食べ物のカスが運ばれてしまうと、それは悪玉菌のエサになり、腐敗ガスを発生させます。そして、そのガスが大腸の動きを鈍らせ、大腸が十分に水分を吸収することができず、軟便もしくは下痢になる可能性があります。

原因2 運動不足による腸の動きの鈍り

女性にありがちなのが運動不足による腸のぜん動運動の低下です。そして筋肉が落ちることで腸のゆがみができ、本来の腸の働きができなくなっているパターンです。この場合はウォーキングやラジオ体操などの習慣的に続けられる運動をすると、少しずつ回復する可能性があります。

あまり下痢になったことがない方「急性下痢」の原因

性別問わずありがちなのは、細菌やウイルス感染によるものです。また、お酒の飲みすぎや冷たい物のとりすぎ、辛いモノなどの刺激物も原因になることがあります。

スポンサードリンク

大きな病気の心配は?

コワいのは、過敏性大腸炎や大腸がんなどの大きな病気が隠れているケースです。体質的にあまり普段から下痢になることが多くないのであれば、早めにお医者様にみてもらったほうがよいと思います。

女性独特の原因…子宮筋腫の可能性は?

生理の時にお腹がゆるくなりがちだなぁと感じたことがある方は多いかも…しれません。この理由は、月経の時に分泌される「プロスタグランジン(PG)」というホルモンに、腸の働きを活発にする効果があるからだと考えられます。なので、生理の時に下痢になりやすいのは、ある意味よくあることです。

ただ…場合によって子宮筋腫などのコワい病気が隠れていることも…子宮筋腫によってできる「コブ」が大腸や膀胱を圧迫している可能性もなくはありません…心配なときは、早めに婦人科を受診してくださいね。

参考:http://sk-imedia.com/gerigatsuzuku-5987.html

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。