▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康 便秘

【便秘と遺伝】親が便秘だと子も?!便秘可能性が3倍に増える理由

投稿日:2016年11月29日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

NPO法人「日本トイレ研究所」が8月に行った調査によると、保護者が便秘傾向にある場合、その子供はそうでない子より3倍も便秘傾向にあることがわかりました。子供の便秘の原因は、もしかしたら親にもあるのかも…怖いですね…泣

なぜ、保護者と同じような腸内環境になってしまうのか、そのカラクリを少し整理してみました。

子供の便秘が増えている

普通、子供の腸内環境は、大人に比べて安定しているものです。赤ちゃんの時は、お腹にはほとんど善玉菌と呼ばれる、お腹にとって良いことをしてくれる菌しかいないことが解っています。腸内細菌のほとんどがビフィズス菌などの善玉菌で、便秘になる子も多くはありません。

しかし、歳を重ねていくにつれ、いろんなものを食べて、いろんな環境にさらされることで、腸内には悪玉菌に分類されるいたずら好きな菌が増えていきます。そして、最近では幼児や小学生でも便秘になる子が多くなってきました。

今年行われた「小学生の排便と生活習慣に関する調査」によると、小学生の5人に1人(20.2%)が便秘状態にあるといいます。さらに小学生の2人に1人(49.7%)が学校でうんちを「しない」、または「ほとんどしない」と回答していて、子供の便秘状態が明らかになりました。

でも、このような状況にありながら、便秘の子供の親のうち32.0%は、「子どもが便秘状態にあると認識していない」というのです。うんちのことって、あんまり気が付いてあげられないんですね~。確かに私も…子供のころかなりひどくなるまで、親に話さなかった気がします。さすがに倒れそうなぐらい気持ち悪くなった時には相談したけど…。


▼記事内容はこの下に続きます▼


子供の便秘が増えている原因は?

「食育イベント」や「運動会」など、食べることや運動することに対しては、親子で学ぶ機会は多いですが、「排便」に関する子供の理解はまだ十分ではなさそうなうえ、日常会話として話題に出すには、少し「恥ずかしい」もしくは「汚い」という認識が持たれがちです。その例として、こんなデータもあります。

保護者に「普段、家庭で子供と「排泄」について会話をしますか?」もしくは、「お子さまの便の状態を把握していますか?」と聞いたところ、

家庭で会話している人の合計は45.8%で、
子どもの便の状態をチェックしている人の合計は35.4%

に留まったそうです。子供自身の知識不足も、もしかしたら便秘の子を増やす原因になっているのかもしれません。

なぜ親が便秘だと子も便秘になるのか?

予想しやすいのは、やはり食生活です。同じ家庭で同じものを食べていたら、やはり腸内環境も似てきてしまうことが想像できますよね。炭水化物ばかり、肉ばかりのバランスの悪い献立では、悪玉菌が増えるチャンスをわざわざ作ってあげているようなもの…。

大人と同じように、子供も便秘がイライラや落ち着きを欠く原因になることもあるので、食育とセットで便育も行える家庭が理想ですね♪

参考:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161128-00010000-dime-soci

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

-健康, 便秘
-, , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

ぐるなび×東京工業大学のコラボが斬新!地域固有の微生物(乳酸菌,麹菌)で地域活性化を目指す!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 おいしいお店、どっかないかな~と思った時に、使うサイトとして超有名なぐるなびさん、使ったことがある方もとても多いと思います …

【バレンタイン】高カカオチョコは腸内環境改善に役立つ!カカオで酪酸を増やそう♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 私は自他ともにみとめるチョコ中毒なのですが、そんなチョコ中毒仲間さんに勇気を与えるニュースが出ていたので、ご紹介したいと思 …

バーリーマックスの効果とは? ~スーパー大麦グラノーラの食物繊維がスゴイ!~

最近、「スーパーフード」と呼ばれる、高栄養素&高効果の新しい商品が続々と登場しています。     オーストラリア生まれの「バーリーマックス」と呼ばれる「スーパー大麦」もそ …

高カカオチョコレートが便秘解消によい理由【チョコとヤセ菌増殖効果】

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 この際、言っちゃいますけどね、わたし…チョコ中毒なんです。笑 いやいや、ほんと、健康なんだけどね、好き嫌いないんだけど、も …

リンゼスで下痢が起こるメカニズム~過敏性腸症候群(IBS)薬の作用機序~

「リンゼス」とは、アステラス製薬が過敏性腸症候群(IBS)の薬として2017年3月に発売を開始した注目の便秘治療薬です。   アメリカやカナダ、メキシコでは結構前から販売されていたのに、日本 …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ