大豆を発酵させた機能性食品「イムバランス」がスゴイ?!無塩味噌はアンチエイジングに効くのか?

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

麹菌発酵大豆の研究を長らくやってこられた健康食品の製造販売をしている、ニチモウバイオティックス株式会社さんが第23回日本未病システム学会学術総会で発表された「イムバランス」がちょっと面白そうなのでご紹介したいと思います。

第23回日本未病システム学会学術総会で発表された内容によると、『イムバランス』は幹細胞の減少抑制、または幹細胞の増強促進があり、アンチエイジングに有効である!とのこと。お~~なんかすごそうだけど、具体的に幹細胞とはどんな細胞のことなのでしょう?

幹細胞ってなに?

幹細胞は、新しい細胞を作ることができる細胞のことです。私たちが怪我をしたり、病気になったりした時には、細胞も怪我をしたり、病気になったりします。この時、幹細胞が活躍し、死んでしまった細胞を補うことで健康を保ち、老化を防ぎます。だから幹細胞は、とても重要なんです。

そんな効果があるなんて、『イムバランス』ってすごいですね。

『イムバランス』の作り方

『イムバランス』は何からできてるかというと、脱脂大豆に麹菌をつけて、発酵させて作るそうです。

それだと、味噌と同じじゃん?

と思ったあなたは、スゴイ!でも味噌とは違うところがあります。味噌の場合、蒸した大豆に塩をまぶした麹菌を混ぜるのですが、『イムバランス』の場合は、麹菌に塩を加えず、短期間で発酵させるそうです。

スポンサードリンク

味噌は、最低半年は発酵させます。だから塩で、ある意味消毒をしなくてはならないのですが、短期発酵のため塩はいりません。無塩の味噌を作るようなイメージですね。そして、それぞれの有効成分が麹菌によって分解しきらないタイミングで発酵をストップさせます。だからいろいろなタイプの成分が、凝縮されているような状態になるみたい…スゴイ技術です。

『イムバランス』のすごいところ

『イムバランス』には、大きく分けて3つの作用があるという意味ですごく注目されています。


植物性乳酸菌がたくさん入っている。

大豆オリゴ糖や食物繊維が豊富なので、腸内細菌のエサになる。
▼バイオジェニックス
麹多糖、ペプチドが豊富なので、自分の腸内環境に関わらず、腸内で乳酸菌を増やしてくれる。

これからもっとポピュラーになるかもしれませんね。こうご期待♪

参考:http://www.nichimobiotics.co.jp/news/161104.pdf、http://immubalance.jp/

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。