▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

緊急検証!「腸内フローラ(=腸内細菌叢)は3歳までに決まる」…はウソ?!

投稿日:2016年12月1日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

実はまだまだ分かっていないことがたくさんある腸内環境の実態…最近は、腸内フローラの構成(=)は、3歳までに決まってしまうから後から何をしてもムダだ…というような話がメディアに取り上げられることがあります。

もし本当にそうだとしたら…

発酵食品を食べても、食物繊維を食べても、
オリゴ糖を食べても、意味ないじゃん!!!

と思う方も多いことでしょう…。

これに関しては、本当にいろいろな話があり見解が分かれる部分であるので、難しいですが、今回はいろいろな意見や、巷に流れるウワサをまとめてみました。

生まれたばかりの赤ちゃんの時は無菌状態である

お母さんのお腹の中にいる時の赤ちゃんは無菌状態です。そこでいろいろなところから菌をもらい、少しずつ腸内フローラ(=腸内細菌叢)を作り上げていくというのが、今の一般的な見解です。株式会社ヤクルトがヨーロッパの研究所やニュートリシア・リサーチ・ユトレヒト・オランダで実施した共同研究によると、出産前の母親の腸管についているビフィズス菌と同じ種類のビフィズス菌がその子のおなかの中に存在することが解りました。

私たちは生まれた時から、いろいろな菌を譲り受けて成長します。

1:お母さんの産道についている菌をもらって生まれる
2:助産師さんの菌をもらう
3:生まれた後、お母さんをはじめとするいろいろな人から菌をもらう

だから、小さいころからいろいろな人にだっこされたり、キスされたりした子供は、多種多様なタイプの菌をお腹の中に飼うことができるのです。そういった外部の接触から、口や鼻に入った菌が、腸内に住みつき、3歳ごろまでに基本となる腸内フローラ(=腸内細菌叢)は出来上がります。


▼記事内容はこの下に続きます▼


一度できてしまった腸内フローラ(=腸内細菌叢)は変わらないの?

これが、そうでもないことも同時にわかってきています。もちろん、腸内細菌叢を大きく変えるのはすごく難しいことだとされていますが、「緊急!池上彰と考える 今年の細菌・ウイルス大疑問」という番組で、糖質ダイエットを行った被験者のダイエット前と後の腸内細菌叢を調べたところ、なんとかなりの変化があったとのこと。

食生活を変えることで、私たちは生まれた時に作られた基本の腸内フローラ(=腸内細菌叢)を少し変化させることが可能なのです。

例えば、納豆や味噌などの発酵食品や食物繊維やオリゴ糖のような腸内細菌のうち、善玉菌が元気になるような食事をとるようにすれば、私たちの腸内細菌叢は数か月で変化します。もちろん、今日食べて明日変わるようなことは考えにくいですが、どうしても変えたければ、習慣を変えることを考えましょう。

まだまだ秘密の多い腸内環境、そして腸内細菌ですが、彼らと一緒に元気で健康な状態を保ち続けたいですね★

参考:http://www.yakult.co.jp/news/file.php?type=release&id=138543310632.pdf

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

-健康
-, , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

【発酵】タイの発酵茶「ミアン」ってなに?~漬物であり、ガムであり、歯磨き粉でもあるタイの不思議食材~

前回の記事で、風邪をひきやすいアスリート用の免疫力強化食の中に乳酸菌が入っていることがわかり、その乳酸菌がタイの発酵茶「ミアン」から摂れたことを知り、興味深々になってしまいました。 ▼過去記事 体を鍛 …

「大豆ペプチド」と「イソフラボン」の違いとは?

「大豆ペプチド」の話を友達としていたら・・・なんとなくかみ合わない・・・   実は何回もそういう機会がありました。   そしていろいろ聞いていくうちに、「大豆ペプチド」と「イソフラ …

森永製菓さんが攻めてる!乳酸菌で風邪予防をする「食べるマスク」はいかが?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 なんかさ、森永製菓さんがさ、最近すごいんですが。笑 なにがすごいって、「シールド乳酸菌M-1」押しですよ。ちょっと前に記事 …

宿便の正体 ~宿便はウソ?本当にあるのかまとめ~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 長い年月をかけて、おなかの中にたまり貯まったうんちのことを、「宿便」と呼ぶことがあります。宿便を出したら、やせる!宿便を出 …

腸内環境を調えると、セロトニンが作られる仕組み ~うつ病や自律神経失調症の回避に向けて~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 昔、私が今より20キロほど太っていたころ、 「そんなに食べてなくても太る」という状態にあっただけでなく、ものすごく「ネガテ …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ