腸内環境データベースが人類を救う日は来るのか?~日本初ベンチャー企業の病気ゼロ社会への挑戦~

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

2015年3月に設立されたばかりのベンチャー企業、「株式会社メタジェン」さんが、腸内環境に関わるとてもおもしろい取り組みをしているというニュースが出ていたので、ご紹介したいと思います。

取り組み内容概要

腸内環境のデータベース(=見える化)を実現されようとしている「株式会社メタジェン」さん。具体的にどのようなことをお考えかというと…

1:重要な3つの情報を統合する
①腸内にどんな細菌がいるか
②それらの腸内細菌がどういう代謝物質を作っているか
どんな遺伝子を持っているのか
2:個人の腸内細菌叢を見える化する

あなたのおなかの中には、「この腸内細菌がこの遺伝子を使って、こういう物質を作っていますよ」という情報にまとめることを目指すというのです。それこそ、私が今、喉から手が出るほど欲しい情報ではないかっ!スゴイです、「株式会社メタジェン」さん!

世の中にはいろいろな健康法があるけれど、自分に合うものもあれば、合わないものもあります。私はいつも、それらをまず自分のカラダで人体実験してみるのですが、たまに合わなくてじんましんが出たりもします。笑 でも、もしこの情報があらかじめ分かっていれば、自分の体質がわかり、病気の予防ができたり、研究分野では新しいお薬ができたり、機能性食品ができたりと、人々の健康に役立つピンポイントな研究ができるようになりそう…!すごいことですね。

研究者発信の最新技術を持った企業だからできること

「株式会社メタジェン」の創設者は、農学博士で腸内環境研究の第一人者でもある福田真嗣さんです。研究者の方とビジネスの畑には大きなかい離があるケースが多い中、研究者が会社をおこし、そして事業化にまでつながるのはすごいことのように思います。スピード感を持って、いろいろなことが実現してくことを期待しちゃいますね!

スポンサードリンク

腸内環境をデザインして、病気ゼロを実現!

「株式会社メタジェン」のミッションは、

最先端テクノロジーで腸内環境をデザインし、病気ゼロ社会を実現する

というもの。私も腸内環境の見える化は、これからの医療分野に対してすごく意味のあることのように思います。いろいろな医学研究が日々進歩していく中で、人間にとって大きな、そう、細胞の数よりもずっと多い腸内細菌たちのことは、まだまだわかっていないことだらけなんです。

きっとこれからの医療には、腸内細菌たちをもっと意識することで防げることがたくさん出てくるのでは…そんな風に期待しています。現在は山形県を拠点に活動されていますが、東京にも拠点はあるようです。し、研究内容から言ったら、世界に羽ばたくのも時間の問題かもしれませんね。日々、ニュースリリースをチェックしていきたいと思います★

参考:http://www.gizmodo.jp/2016/11/mugendai-metagen.html

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。