食事でできる!下痢の治し方 ~腸内環境改善食材を利用しよう~

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

私は便秘体質なので、みなさんに便秘について聞かれることが多いのですが、腸内環境の悩みを聞くと、結構下痢に悩んでいる方も多いですよね~。

特に男性のみなさんは、一時的に腸内細菌のバランスが変わってしまう場合、便秘より下痢になる方が多いみたい。私の知り合いで、常にビオフェルミンを持ち歩いている方がいらっしゃいました。便秘も苦しいけど、下痢も大変ですよね。常にトイレの近くにいないと…。

実は便秘も下痢も、腸内環境の乱れが原因です。ビオフェルミンも腸内環境を整えてくれる整腸剤なので、とても役立ちますし副作用も少ないと言われていますが、今回は食事から下痢を収めたい場合にどんな食材をとることを意識したらよいのかまとめたいと思います。

下痢に効く腸内環境改善メニュー

ヨーグルトバナナ

ヨーグルトは腸内細菌を増やしてくれる乳酸菌を多く含む発酵食品の中でもとても有名でポピュラーですが、栄養もたくさんあるのでおススメです。そして、そこにちょいたししてもらいたいのがバナナです。下痢になるとカリウムが体外に排出されてしまうのですが、バナナはカリウムがたくさん含まれているので、その不足分を補ってくれます。

スポンサードリンク

やわらかいうどん

下痢になってしまうと、もう何も食べられない…と思う方も多いと思いますが、うどんであれば消化がいいので、お腹の調子が悪くても食べられそうな気がしませんか?下痢の時は胃腸を休ませることがとても大事ですが、おなかがすきすぎて体力がなくなっちゃうぐらいならうどんがおすすめです。でも、油ものはあまりよくないので、かき揚げなどを上に載せたりしないでくださいね。

あんまり食べないほうがいいモノは?

下痢の時は基本的には、絶食してもいいぐらい、胃腸を休ませなくてはなりません。だから、あまり油っぽいモノとか、消化に時間がかかるものは避けたほうがよいというのが一般的な考え方です。普段なら腸内環境を整えるために良いとされる食物繊維も、消化を遅らせてしまうため、あまりたくさん摂りすぎないようにしましょう♪

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。