麹料理はなぜ浸透しないのか?~勝手気ままな長谷川ろみの発酵食品考察~

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

私は、麹菌が作ってくれる「」を使った料理が好きなんだけど、一般的にあんまりポピュラーではないようですよね。

ヨーグルトはすごく有名なのに。納豆はすごく有名なのに。やっぱり、麹を使った料理って、難しく見えるのかな。確かに麹料理は何かしらの加工が前提なので、お料理をしない方からみるととても面倒に見えてしまうのかもしれません。

食材としてのヨーグルト、調味料としての麹

乳酸菌の代表食材のヨーグルトやキムチ、納豆菌の代表食材の納豆と比べて、麹菌の代表食材がぱっと浮かびにくいのは、麹菌の代表食材は、おもに調味料だからです。味噌や醤油、酢、塩麹、甘酒、日本酒は、すべて麹のチカラが働いていますが、そのまままるごと食べる食材ではありません。だから、料理をしない人からみたら、とっても遠い存在。そこなんだなぁ、きっと。

やっぱり麹を美味しくいただいてもらうには、作り方を提供するよりも、作ったものを提供したほうがいいのかもしれません。もしくは、代表食材を作るところから始めなくてはいけないのかも。すごく難しいことですけどね。

麹菌食材はクセがある?!のんべえ食材の可能性

あともう一つ、なかなか受け入れてもらえない理由の1つは、麹菌食材が持つ、独特の「クセ」があるのではないかと思っています。麹菌食材って、とても特徴的ですよね。麹菌は分解を得意とする菌なので、いろいろな物質が分解され作られます。その中でたくさんのガスも発するので、へんな匂いもします。

スポンサードリンク

乳酸菌や納豆菌もそれなりにはクサいという方もいるかもしれませんが、麹菌のような独特のすっぱさやうま味は出にくい気がします。

個人的には、このすっぱさやうま味は、のんべえ好みだと思うんですよね。例えば、ワイン好きでチーズをいつも食べている人、日本酒を塩をつまみにいくらでも飲めちゃう人、重い揚げ物や炭水化物よりも、塩辛やめんたいこ、カニみそをぺろぺろしながら飲む人にとって、麹料理はすごくすごく満足のいくものだと思うのです。

発酵バーやろうかな…発酵バー1日店長をやらせてくれるところがあったらためしにやってみようかな。もしそんな場所があったら教えてください。笑

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。