未病・予防医療の第一歩は、「腸内環境の改善」から始めよう♪

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

つい先日、未病専門クリニックが東京都中野区に登場したとのニュースをみました。最近、耳にすることが多くなってきた「未病」!みなさんはこの言葉の意味をご存じですか?

「未病」ってなに?

「未病」とは、病気の症状は現れていないけど、病気に向かいつつある状態のことを指します。

「疲れやすい」
「イライラする」
「便秘である」
「むくむ」などなど

そういった、「病気」というには大げさだけど、なんとなくカラダが「よくない状態」のことを指しています。最近はこの「未病」の状態から、病気を予防することが重要視されています。なぜなら、本格的な病気になってしまったら、治すことは本当に困難だからです。

&未病が注目されている理由

では、なぜ、急に「未病」や「予防医療」が注目されるようになったのでしょうか?実は、高齢化社会と私たちの死因の変化が関係しています。1950年代、私たち日本人の死因で一番多いのは、結核でした。結核は、感染病です。産業革命の人口の集中によって結核が広まり、一時、結核は「国民病」と呼ばれるほどになりました。昭和26年には「結核予防法」という法律が制定されたほどです。

通常、低所得国は感染症で亡くなる方が多く、そして国が裕福になるにつれ、生活習慣病と呼ばれる病気が増えていくと言われています。もちろん、日本も例外ではありません。

日本の今現在の死因のうち多いのは、がんや心臓病です。日本は裕福になった結果、日々の習慣からいろいろな病気を引き起こす状態になってしまいました。

でも、逆に言えば、日々の習慣を変えることで私たちは病気を防ぐことができます。予防医療が重視されるようになった背景の1つに、高齢化社会の進行、そして同時に生活習慣病が増えていることが挙げられるのです。

スポンサードリンク

健康寿命を伸ばすことが、現代人の目標!

「ぴんぴんころり」という言葉があります。健康でぴんぴんしながら、病気になることなく、人生の最後がきたらころりと死ぬこと。それが理想の人生だと思う方が増えています。健康で生きていられる健康寿命と、実際に命が終わる寿命は男女ともに10年程度の開きがあります。

脳卒中を起こし、寝たきりになる…
認知症を患い、介護が必要になる…

それって、生きている意味あるの?と感じる人が増えているのです。

「健康を維持」するために、なにをすべきか?

自分のカラダを知るために健康診断を受けること、
定期的な運動のためフィットネスクラブに通うこと、
若返りのために美容外科、エステサロンに通うこと、
ダイエットによって体重を維持すること、
漢方薬によって持病を良化すること、
特定保健用食品や機能性食品などの健康食品をとること、
メンタルを健康に保つためのカウンセリングやリラクゼーションをうけること…

これらはすべて、広範囲の「予防医療」だと考えられています。そして、これらの「予防医療・未病ビジネス」の市場規模は年々大きくなっています。もちろんこれらすべて重要で、私個人もとても興味がある内容なのですが、どれに関しても影響を与える可能性があることの1つに、このブログのテーマでもある、「腸内環境の改善」があると、私は思っています。

まだまだ、、腸内細菌に関しては、科学的にわかっていないことも多いのですが、少なくとも私個人のカラダにとっては、腸内環境を整えることを意識するだけで、これだけの変化がありました。

やせた。
自分のカラダの変化に気が付くようになった。
定期的な運動も腸内細菌のためにしなくちゃと思うようになった。
エステサロンよりもずっと効果が高い腸内細菌の恩恵を受けられるようになった。
恒常性維持機能が正常に働くことでメンタルも強くなった。

参考:http://www.yobou-iryou.jp/why.xhtml

いろいろやってみることは大事だけど、まず予防医療のはじめの一歩として、「腸内環境改善」に取り組むのはいかがでしょう?…あれ?いつのまにか宣伝みたくなっちゃった。笑でも…腸内環境の改善は、おススメです♪

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。