幻の発酵食品「すんき」が東京で買えるってよ♪ ~腸内環境改善のお供にいかが?~

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

今週末(2016年12月9日~11日)に新宿に行くと、幻の発酵食品とも名高い、腸内環境改善の救世主「」が手に入るらしいですよ。

その会場は、新宿駅の地下1階に開設された中部地方インフォメーションプラザ(京王新宿)の「木曽町物産展」!幻とも言われるその理由はなんなのでしょうか?今回は、幻の発酵食品「すんき」についてお話しします。

幻の発酵食品「すんき」とはなんぞや?

「すんき」とは、長野県の木曽地方で古くから作られている、赤カブの葉のお漬物のことです。

え、ふつーじゃん?

と思ったあなた!ちがうんです!!この「すんき」のすごいところは、お漬物なのに塩はもちろん、酢や砂糖、醤油も一切使わずに、乳酸菌の発酵だけで作っているところ。なんで、長野県の木曽地方でしかつくられないのかというと、そこには大きな理由があります。

なんで塩を使わない漬物ができたのか?

普通、漬物はお塩を使います。お塩を使うことで、腐敗菌などの雑菌の繁殖を防ぐことができるので腐りにくくなるんですね。でも、すんき漬けのふるさとである、長野県の木曽地方は、山に囲まれているため、周りに海がありません。海で取れる塩はかなりの高級品で、漬物に使う余裕はなかったんだって!

おまけに木曽は高冷地で、とても涼しいので、腐りにくい気候もよかったのかも?そんな地域独特の悩みを抱えた長野県木曽町の方々だからこそ、乳酸菌だけで発酵させることにトライできたんですね。まさにピンチはチャンス!笑 諦めたら試合終了ですよね!!

スポンサードリンク

自然が作った発酵食品「すんき」、一体どんな味?

私も数回しか食べたことないんだけど、

あ、ヨーグルトみたい

って思った記憶があります。なんか後味なのか香りなのか、ヨーグルトのような独特の風味がおもしろいの。もちろんかなりすっぱいんですけどね。TBSテレビ系列で放送された「マツコの知らない世界」の「マツコの知らない漬物の世界」の回でも、すんき漬けは5位にランクインしてました。おみそ汁に入れても美味しいらしい♪

発酵食品は、味噌や醤油をはじめとして、お塩のとりすぎが少し心配になりますが、この「すんき」はその心配は無用です。高血圧の方など、お医者さまに塩分のとりすぎを指摘されている人でも食べれちゃうのがすごいでしょ。私も久しぶりに食べたくなってきました。お腹の腸内細菌たちに久しぶりに食べさせてあげたいかも。笑

新宿行き、検討します★

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。