▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

ココナッツオイルプリングの効果 ~歯周病菌が減り、腸内環境が良化するのか~

投稿日:2016年12月13日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

先日11月30日のNHK「ためしてガッテン」で特集された「口内フローラ」についての回を見てから、ちょっと考えていることがあるんです。

…もう一度やってみようかな。実は半年前に、地味にはじめて、地味に断念したココナッツオイルプリング。うーん…もう一回トライもありかなー。

ココナッツオイルプリングとは?

ココナッツオイルでうがいをすることによる健康法です。オイルプリング自体は、インドの自然療法であるアーユルベーダの健康法のひとつみたいですね。口腔内の細菌の増殖を抑えることで、口の健康状態を改善して、身体から毒素を出すとも言われていて、ブルース・ファイフさんの著書「ココナッツオイルプリング」によると、オイルプリングで効果があったと報告された疾患には以下のようなものがあるようです。

にきび
アレルギー
喘息
便秘
糖尿病
湿疹
高血圧
不眠症
大腸炎

などなど
参照:ブルース・ファイフさんの著書「ココナッツオイルプリング」

なんかこれらの疾患をみていると、腸にも限りなく関係が深いような…そんな気がしちゃうんですよね。

半年前にココナッツオイルプリングを断念した理由

これはもうカンタン!じんましんが出たから!笑 いや、正確には「ココナッツオイルプリング」が理由なのかどうかは確かめようがないのだけど、ちょうど夏ぐらいにはじめて、すぐにじんましんがでちゃったんですよね。


▼記事内容はこの下に続きます▼


単純に体調があんまりよくなかっただけかもしれないし、使ったオイルの何かの成分が私のカラダにあわなかったのかもしれないし、好転反応だったのかもしれないし、今となっては謎。でもお医者さんをしている友達に聞いたら、

「合わなそうならやめなさい。別に健康なんだから、余計なことやんないでよし!」

と言われて、そのままやめたの。まぁ、別に、何か悪いところがあって、治そうとしてココナッツオイルプリングをやってたわけじゃないから、すぐに「はーい」って、やめたんですけどね。

再熱!歯周病菌がカラダから出てってくれるのか問題

先日のためしてガッテンをみて、)が血管に入り、例えば脳梗塞や認知症、肝炎やがんになった人のそれら患部に、この歯周病菌がいるって聞いて、やっぱり、歯周病菌をカラダにのさばらせてよいのかと考え始めました。健康なくせに。笑

またお医者さんの友達に怒られるかも。w

でもな、予防できるならしたい。私の腸内細菌叢、フソバクテリア(=歯周病菌の一種と言われている)が多いし…。もし、次回(たぶん前回から1年後だから夏ぐらい)、腸内細菌検査をして、その時にフソバクテリアが減らせたらすごくうれしいんだもん。やっぱりもうちょっと考えます…。

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

-健康
-, , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

腸内環境を整える「シールド乳酸菌M1みそ汁」発売中♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 今シーズンはかなりいろいろな商品が出てます!そう、「シールド乳酸菌M-1」入りの食品たち! 2月1日に発売となった、乳酸菌 …

【ダイエット】太りやすい腸内フローラを改善?!「ブロッコリースプラウト」のチカラとは?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 最近、スーパーで「ブロッコリースプラウト」をよく見かけるようになりました。これ、ブロッコリーの新芽のことなんですね。ブロッ …

セロトニンを増やす飲み物はコレ!トリプトファンで幸せ体質に?!

最近お疲れで、幸せをもっと感じたいとお嘆きのあなた・・・!   「セロトニンをもっと増やしたい!」と思った時、その方法はたくさんあります。     セロトニンを増やすため …

【乳製品比較】豆乳ヨーグルトと牛乳ヨーグルトの違いとは?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 手づくりの人だけの特権だと思っていたら、最近は普通にスーパーで「豆乳ヨーグルト」が買えるようになりましたね。牛乳から作った …

長澤まさみも檀れいも飲んでいる♪甘酒の腸管バリア機能がスゴイ!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 前回、基本的な甘酒の効能をご紹介しましたが、もちろん、甘酒の実力はそれだけではありません! 今回は、特に「腸内環境に対する …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ