「べジファースト」「食べ順ダイエット」、日本人の5人に1人にとっては意味なし!?

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

何かを食べるとき、「まずは野菜から食べましょう(=べジファースト、野菜ファースト)」ってよく言いますよね。

実は私も、食べる順番はとても意識していました。でも、どうやら日本人の5人に1人は、「野菜ファースト」を心がけてもあんまり意味がない遺伝子を持っている可能性が高いというのです…。えーーー。そんなー。まじすかw

そもそも「食べ順ダイエット」ってなに?

株式会社ウィットが開発している健康管理アプリ&ウェブサービスの「あすけん」のホームページによると、こんなダイエット法のこと。

食べ順ダイエットというのは、毎回の食事で食べる順番を野菜・汁物(食物繊維)⇒主菜(たんぱく質)⇒主食(炭水化物)にするだけのダイエット法。その順番を守ることにより、血糖値があがりにくくなり脂肪の吸収を抑えるので、太りにくくなるのです。
参考:http://column.asken.jp/diet_method/diet_method-375/

最初に食物繊維をたくさん摂ることで、お腹がいっぱいになって、血糖値も上がりにくくなると言われていました。
でも、実は、この食べ順でさえ、体質(遺伝子)によるというのが、今回の調査結果です。なんだか、結局全部体質によってしまうのだなと思わざるを得ません…。

日本人の5人に1人は「タンパク質ファースト」がいい?

今回の調査は、肥満遺伝子検査キットの提供などを行うサービス『遺伝子博士』を運営する株式会社ファインシードさんが行ったものです。結果の要約はこちら!

スポンサードリンク
・日本人の5人に1人は、タンパク質を吸収しにくい体質のため、タンパク質を先に食べて、筋肉をつけると太りにくいカラダ造りができる。

・残りの5人に4人は、「野菜ファーストがよい」が、次に「ご飯を食べたほうがいい人」、「おかずを食べたほうがいい人」、「食べ順は関係ない人」に別れる。

参考:エキサイトニュースよりhttp://www.excite.co.jp/News/release/20161212/Dreamnews_0000144285.html

結局、体質によるんかいっw …っていつものことですね。やっぱり自分のカラダを知ることがいちばん大事な気がします。とはいえ、野菜ファーストは、納得していた方法だからちょっとショック。私、筋肉が付かないのが悩みだったのですが、もしかしたら、5人のうちの1人に入ってしまうかもしれません。笑

怖いけど…タンパク質ファーストも試してみたいと思います★

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。