▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

ダイエット中の方必見!ヤセ菌「アッカーマンシア ムシニフィラ菌(アッカーマンシア菌)」は寒いと減る?!

投稿日:2016年12月14日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

さむーい冬…夏に比べると、なかなかお布団から出られなくなりますよね。。。歩くのも寒すぎて億劫になってしまうかも…。普段はあんまり家にいない活動的な私でさえ、さすがに真冬は多少、活動量が減ります。もともと家の中が好きな友達は、1日中家からでないと言っておりました。ほんと?!笑

実は、こんな風に寒さによって生活パターンが変わるのは、私たち人間だけではないのです。人間と同じように、腸内細菌たちも外の気温によって大きく変化します。特に今回は、寒さ(寒冷刺激)によって、腸内細菌叢(菌たちのバランス)が変化してしまうという実験結果を見つけたので、詳しくご紹介したいと思います。

特に、ダイエット中の方は必見!なぜなら、最近話題のヤセ菌、()の量が変化するかも?!というウワサが…さて、どんな変化があるのか具体的に見てみましょう♪

寒冷刺激は、腸内細菌叢を変化させる

スイスにあるジュネーブ大学からの報告を要約してみましょう。

・寒冷刺激は、腸内細菌叢を変化させる
・その腸内細菌叢の変化によって、脂肪が燃えやすい身体になる

参考:Cell研究論文
https://www.sciencedaily.com/releases/2015/12/151203135832.htm

ほんと?寒いほうがやせる??それはとても意外です。ちょっとその仕組みを整理してみましょう。

寒冷刺激で痩せる?!驚きの仕組みとは?

通常、人の脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があると言われています。筑波大学のホームページによると…


=皮下や内臓に分布し、体内の余分なエネルギーを脂肪として蓄積する

=主に鎖骨付近や胸まわりに分布し、脂肪を燃焼し熱を産生する働きをする

寒冷刺激によって、身体の危機を感じた腸内細菌は、カラダを温めるために白色脂肪細胞をベージュ脂肪細胞に変化させるらしいんです。そして、ベージュ脂肪細胞になった、白色脂肪細胞は、褐色脂肪細胞と同じように脂肪を燃焼しやすくなるらしいのです。すごいですよね!!!


▼記事内容はこの下に続きます▼


でも、その裏ではびっくりな変化が…!そのジュネーブ大学からの報告によると、その脂肪細胞の変化が起きている中で、いわゆるヤセ菌(アッカーマンシア・ムシニフィラ菌)は減少してしまうらしいんです!!!

(アッカーマンシア・ムシニフィラ菌)は、腸から栄養をあまり取り込まないようにすると言われていますが、彼らが減ることで取り込みやすくなるようです。不思議…。そして意外…。脂肪を燃焼してくれるのはありがたいですが、あったかくなったら、ちゃんとヤセ菌をお腹に戻してね…と願わざるをえません★

アッカーマンシア・フシニフィラ菌を増やすためには…

寒い季節にはヤセ菌である、アッカーマンシア・フシニフィラ菌が減ってしまったとしても、先ほどご説明したとおり、脂肪を燃焼しやすくなっています。ただ、それに怠けてそのままの腸内環境を保っていると、太りやすくなってしまうかも…できる限りアッカーマンシア・フシニフィラ菌を増やすという考え方も大事に思えてきました。

アッカーマンシア・ムシニフィラ菌は善玉菌と同じようなものを好物としています。具体的に言うと、食物繊維やオリゴ糖です。いわゆるをバランスよく摂ることは、ヤセ菌も増えやすい腸内環境を作ることと同意になります。

善玉菌が好きなものを食べていれば、自然にアッカーマンシア・ムシニフィラ菌も棲みついてくれる可能性が高まるわけです♪その他、以前こんな記事も書きましたが…お魚の油であるDHA等をとることはとても重要です。

↓過去記事

ヤセ菌の正体と効果的な増やし方~正体はアッカーマンシア・フシニフィラ菌(アッカーマンシア菌)~
http://www.chounaikankyou.club/article/443684277.html

腸内環境を意識して、足りない栄養素を補う習慣をつけ、良い油、食物繊維をたくさん摂りましょう♪参考にしてみてね★

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

-健康
-, , , , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

花粉症の人必見!花粉症を緩和する「S-903納豆菌」入りの納豆が発売されるぞ♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 なんか、わたしの近くでは、最近すでに「ヤバい!花粉とんでる!!!」ってうろたえている方がいます。ほんと?とんでる?私、花粉 …

お腹に優しい食べ物を選ぼう!選び方と食べ方 ~腸内環境の最適なPH値~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 おなかの中の腸内細菌がよろこぶ腸内環境について語られる時の1つのポイントとして、「PH値」があります。小学校の時、リトマス …

検証!スーパーのキムチは本当に発酵してるのか?韓国直輸入キムチ編【3日目】

さてさて、本当に腸内環境を整えるための偉大なる企画中ですが、本日、真空パックにして常温環境に放置してから約3日目となりました。   前回の記事はこちら↓ 検証!スーパーのキムチは本当に発酵し …

GABAのストレス改善効果がスゴイ!多く含まれる食品は?

最近、機能性菓子と呼ばれるお菓子が増えています。それもかなり初期のころから注目されていたGABA(ギャバ)。   特に「ストレス社会で闘うあなたに。   というキャッチフレーズで、 …

no image

【免疫力強化】免疫力を高めるサプリとは? ~免疫力を高める方法・コツ~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 私たち人間が持つ腸、それも小腸には、カラダの免疫細胞の約70%が集中していると言われます。一般的に「腸管免疫」と呼ばれるも …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ