遺伝子検査『マイコード(MYCODE)』結果公開!⑤ 信憑性と生活改善方法

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

いや、ほんとにやってよかったです、。自分の体質や病気発症可能性がわかるだけでなく、生活改善アドバイスももらえるし♪ちゃんと、1人1人の発症リスクに合わせたアドバイスだから、ちゃんと意味があるし!

私は、基本的にすごく気をつけないといけないものはなかったのですが、これから健康長寿を目指すなら、意識してとらないとな~と思ったものが1つだけありました。その正体は…n-3系多価不飽和脂肪酸です。

コレステロール摂取のバランスが悪くなりがち?

今のところ普通だと思うんだけど、どうやら遺伝子的には私のカラダはコレステロール摂取のバランスが悪くなりがちみたい。そういえば…心当たりがなくはないかも。今は正常値ですが、若い時は「中性脂肪が少なすぎ」って毎日出てました。歳をとったら普通になったから気にしてなかったけど、なんかバランスが悪くなりやすいのかも。。。

コレステロールの摂取量を改善するには、マイコードでは以下のように説明されています。

コレステロールの摂取量を改善するには、HDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールを減らすことが重要です。HDLコレステロールを増やすためには、食事と運動が基本です。また、LDLコレステロールを減らす食品として、野菜、果物、大豆製品、青魚、オリーブオイルや食物繊維が豊富なキノコ類、豆類、海草類などが挙げられます。積極的に摂って余分なコレステロールを体外に排出しましょう。
参考:

どうやらLDLコレステロールを下げる作用のある不飽和脂肪酸を多く含む植物性食品(豆類、野菜、果物など)や魚類から脂肪酸を摂取したほうがよいみたい。豆類、野菜類はもちろん結構食べてますが(発酵食品はこの辺が多くなりがち)、お魚、ほとんど食べてないww

スポンサードリンク

たまに思いついたようにサバ缶買うけど…外食の時はお魚かお肉の定食ならお魚選ぶようにはしてるけど、圧倒的にお魚の脂肪酸は、摂る量が少ない気がします。

いわゆる、「n-3系多価不飽和脂肪酸」って言われるやつね。DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が代表的。

というわけで、早速DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)がきちんと入ったサプリを買ってみました。もちろんごはんで補いたいけど、たぶん、お仕事しながらだと難しくなっていくからそういう場合はサプリの活用もいいと思っています★

数か月続けてみて、カラダの変化を確認してみるつもりです♪

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。