▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

ホッピー、ハイボールブームに続くのは「サワーエール」?~自然発酵で作られる酸っぱいビール~ 

投稿日:2016年12月27日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

忘年会ラッシュもそろそろ終わり…胃腸の調子は大丈夫ですか?w

この時期、どうしても摂取量が増えてしまうお酒ですが、お酒も立派な発酵食品です。飲みすぎはもちろんよくないですが、乳酸菌や酵母菌が一生懸命作ってくれているクリエイティブな一品ということで、私も大好きです。笑

そんなお酒の中で、次にブームになるかもと言われているのが、あるベルギー発祥のビール!ベルギーは醸造所や銘柄の多さから「ビール王国」といれれることも多い国ですが、今回はなんと「酸っぱいビール」が注目されているらしい…その名もです。

サワーエールってなに?

ライフスタイルマガジン「U-NOTE」さんの説明はこちらです。


▼記事内容はこの下に続きます▼


乳酸菌などによるアルコール発酵により酸味をつくる菌を用いて醸造される、独特の酸味のあるビール。果実を入れて発酵・熟成させるものや、フルーツフレーバーのシロップを入れて作られるものがある。
参考:http://www.u-note.me/note/47506556

どうやらちゃんと酵母菌や乳酸菌など、乳酸を作る菌を育てて、発酵のちからで作っているビールと、果実などの酸っぱいものを入れて発酵させるビールがあるみたいですね。前者の自然発酵で作るものは熟成期間が長く必要なので、できあがりまでに数年かかるものもあるみたいです。のんでみたいわぁ。

実はわたし、ビールだけはそんなに飲めなくて、いつも乾杯だけだから、このサワーエールならワインのように飲めるのかも。ワインも酸味が特徴になりやすいですもんね。

元になっているのはベルギーの「」?

ランビックとは、ベルギーのブリュッセル地方でのみ醸造される自然発酵のビールのことです。ウィキペディアによると…

慎重に培養した醸造用酵母を使って発酵させるエールやラガーの製法と異なり、ランビックは自然発酵で造られる。自然発酵は、ブリュッセルを縦断するゼンネの谷に自然に生息すると言われている野生酵母とバクテリアにさらされることで起こる。この珍しい工程により、ドライで、ワインやシードルのようなわずかな酸味という特有のフレーバーがビールに加わる。
参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF

だそうな。どうやらこのランビックを真似して作ったのでは?といわれることもあるようです。最近は、ランビックが飲める店も多いみたいだから、一度飲んでみたいな~★

今日もムリせず、楽しくコツコツ腸活・菌活しましょう♪

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

-健康
-, , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

腸内細菌叢のタイプ「エンテロタイプ(enterotype)」ってなに?

私たちのお腹の中(腸内細菌叢)には、数百種類の腸内細菌が住んでいます。     この腸内細菌叢(=腸内フローラ)は、私たち1人1人違います。ちょっとずつ住んでいる腸内細菌が違うの。 …

【花粉症対策2017】ビタミンDを摂取したほうがよい理由と具体的な方法

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 桜がさいてるぞーーーー♪ やっとこさ、お花見の季節!まだ5分咲きぐらいではあるけど、ミニお花見をとり行いました。笑 まだか …

【便秘と遺伝】親が便秘だと子も?!便秘可能性が3倍に増える理由

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 NPO法人「日本トイレ研究所」が8月に行った調査によると、保護者が便秘傾向にある場合、その子供はそうでない子より3倍も便秘 …

「大腸がん」は予防できる?~腸内環境と大腸がんの関係と予防法~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 日本人の死因第1位は、「がん」です。 「がん」の中でも「大腸がん」は男女ともに発症しやすい部位の1つで、男性は、胃、肺に続 …

【腸内フローラ改善】乳酸菌の2つの役割とは?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 みなさん、突然ですが…乳酸菌がカラダの中に入るとどうなるか、ごぞんじですか? ↓この子は私が描いた善玉菌★ 「生きたまま届 …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ