DHA・EPAサプリの効果とは? ~ヤセ菌も増やす驚きの健康効果~

スポンサードリンク

DHAとEPAは、「頭がよくなる」とメディアに取り上げられたことをきっかけに、サプリメントとして摂取する方が増えた,人気の栄養素です。
 
どちらも青魚に含まれる質の良い油ですが、年々DHA・EPAサプリの新しい効果が認められ、「頭がよくなる」以外の視点でも医学・薬学の研究者たちに注目されています。
 
今回はそんな、私たちの健康を助けてくれるDHA・EPAサプリの効果についてまとめてみました。
 

 

・EPAとは?

DHA・EPAと略されて使うことが多いので、正式名称を知らない方も多いかもしれません。正式名称はこちら!
 
DHA=ドコサヘキサエン酸
EPA=エイコサペンタエン酸

 
DHAもEPAも、青魚の脂肪に多く含まれる脂肪酸の一種で、「不飽和脂肪酸」のうちの「オメガ3脂肪酸」に分類されます。
 
「オメガ3脂肪酸」は、私たちの細胞が正しく、効率よく働くために不可欠な脂ですが、食の欧米化などの問題により、現代人の食生活の中では不足しやすいとも言われています。
 

DHA・EPAの効果効能

DHAとEPAは、効果効能がとても似ています。まずはDHAとEPAの共通の効果効能を見てみましょう。
 

血液をサラサラにしてくれる

DHAが赤血球をやわらかくしてくれるため、細い毛細血管でも通りやすくなり、EPAは血小板の凝固作用を抑えることで血液をサラサラにします。
 
また、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす力も確認されています。
 
血液中のコレステロールが正常じゃない場合(悪玉コレステロールが多すぎたり、善玉コレステロールが少なすぎる場合)、脂質異常症や動脈硬化、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、アルツハイマーなど、血管のつまりが根本原因の病気の発症リスクが高くなるので、それらの現代病の予防になりえます。
 

中性脂肪を減らす

体内で脂肪を作る物質を少なくし、脂肪をできにくくするだけでなく、脂肪分解酵素を作る働きを強化して、脂肪を分解しやすくしてくれます。
 

免疫力を高める

白血球の機能を正常化することができます。免疫バランスを安定させて、病気にかかりにくくしたり、アレルギー症状を抑えることができると言われています。
 

DHAとEPAの効果効能の違い

DHAとEPAは、どちらも「オメガ3脂肪酸」の一種であり、私たちの細胞にとってとても重要な役割を果たしてくれますが、その働きは微妙に違います。
 
例えば、DHAとEPAの効能としてとても有名な「血液サラサラ効果」についてみてみましょう。
 
中性脂肪や悪玉コレステロールが増えて、血糖値が上昇すると、私たちの血液は、どろどろの状態になります。このままほおっておくと、動脈硬化や高血圧症になってしまいます。
 
このどろどろをさらさらに変えてくれるのが、DHAとEPAです。
 
でも、このさらさらに変える方法が少しだけ違います。ヘルスケア大学さんのホームページにはこのように説明されていました。
 

DHAは、血管や赤血球の細胞膜をやわらかくする働きにより、血流を促します。
 
一方のEPAは、高い血小板凝集抑制作用により血栓をつくらせないことで血流をよくします。
 
そのため、血栓を防いで血液を潤滑にする効果は、EPAの方がより高いといわれています。
 
参考:http://www.skincare-univ.com/article/011197/

 
また、昔からよく言われる、「頭をよくする」効果については、EPAよりもDHAのほうが有名です。
 
DHAは神経系の細胞の成分になることができるので、血液に乗って脳まで届くことができます。
 

スポンサードリンク
脳の入り口には血液脳関門というものがあり、脳に必要な物質とそうでないものを選り分けているのですが、DHAはこの関門を突破できる数少ない成分のひとつです。
 
特に、記憶力や学習能力に関係する海馬に集められるため、脳の活動を活性化させる重要な成分とされています。
 
参考:http://www.skincare-univ.com/article/011197/

 
その他、EPAは体の外から常に摂取しないとなくなってしまいますが、DHAはEPAを材料にして、体内で作ることができます。
 
この2つは密接にかかわっていて、EPAがお母さん、DHAが子供のような関係です。EPAがないとDHAも不足しますので、EPAをたくさん摂取することが大事なんですって。
 

DHA・EPAの腸内環境内の役割

またDHA・EPAは、腸内環境の改善にも役立つと言われています。
私たちが目から手が出るほど欲しい「」を増やしてくれると言われています。
 
スウェーデン・ヨーテボリ大学で行われた研究では、ヤセ菌として有名なアッカーマンシア・ムシニフィラ菌を増やすには、魚油(すなわちDHAとEPA)を摂取したほうがいいと発表されているのです!
 
その内容に関しては、こちらの記事をご確認ください。
 
↓過去記事

ヤセ菌の正体と効果的な増やし方~正体はアッカーマンシア・フシニフィラ菌(アッカーマンシア菌)~
http://www.chounaikankyou.club/article/443684277.html

 
これは・・・期待しちゃいますね!笑
 

まとめ

DHAとEPAのスゴイ効果、わかっていただけましたか?
血液をキレイにしてくれるのはもちろんのこと、脳や腸内環境にも影響がある可能性が高い、大事な成分です。
 
特に現代の食習慣では、お魚を食べなくなっているので、不足しがち・・・私も家ではあまりお魚を食べないので、ちょっと心配しています。
 
というわけで、食習慣改善のため、DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)がきちんと入ったサプリを買って、しばらく飲んでみることにしました!
 
総合的なサプリはいちお飲んでいるのだけど、腸内環境改善マニアとしては、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)だけ別で取ったほうがいいかなと思って・・・。笑
 
次回、腸内フローラの検査をする時に、ヤセ菌がふえていますように・・・と願いつつ、DHAとEPAを摂りつづけてみます。
 
腸活の参考にしてくださいね!

ヤクルト DHA&EPA 約240粒
ヤクルト DHA&EPA 約240粒

posted with amazlet at 17.06.28
ヤクルトヘルスフーズ (2008-02-04)
売り上げランキング: 4,261
サントリー DHA&EPA+セサミンEX 240粒
サントリー
売り上げランキング: 7,862
The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。