【常在細菌のチカラ】入浴不要!体臭なし!バクテリアミストで美肌効果

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

大人になると、お正月って親戚に会うとても珍しい機会の1つになってしまいますね。おこちゃまもいたのでいろいろはなしてたら、本当に子どもは肌がキレイ。笑

赤ちゃん肌にはかないませんが、肌のために年末からためしてみたことがよかったような気がしているので、整理してまとめたいと思っています。

肌の調子が良い理由

たぶん、発酵食の推進活動のための実験回数がかなり多くなっていて、おうちごはんは、ほぼ100%、発酵食状態になっていたことが、肌の調子がよい一番の理由だと思っています。もう一つの心当たりは乳酸菌入りの化粧水です。これも、結構気持ちよく続けられたものの1つでした。

過去記事↓

【実験1ヶ月目】美肌の原因は「白砂糖ゆる断ち」か「乳酸菌化粧水」か?
http://www.chounaikankyou.club/article/444284541.html

11月はじめぐらいから使っているから、使い始めてから約2ヵ月。自分のカラダを使った人体実験は、なんでも早くて2~3か月、遅くて半年ぐらいで、なんとなく変化が現れる気がします。

上の記事にも書いているように、習慣化したキャラメルが原因の可能性もありますが、とはいえ、肌の調子がいいのは確か。この化粧水は、もともと人間の肌に住んでいる常在細菌のエサが入っていて、肌につけると、常在細菌が元気になると言われています。うん、ほんとに効果あるかもしれません。

スポンサードリンク

12年間シャワーを浴びていない男性の驚きの美肌法

アンモニアを酸化させるバクテリア「ニトロソモナス・ユートロファ(Nユートロファ)」を何十億と含有するミストスプレー「AO+」を開発した男性は、なんと「12年間シャワーを浴びていない」と明かし、ニューヨーク・タイムズにその内容が掲載され、話題になりました。

ちょっと今回は、その内容をご紹介したいと思います♪

ニューヨーク・タイムズの記者さんが4週間、石鹸は使わずにこのミストスプレー「AO+」を使用したところ、以下のような結果になったそうです。

皮膚は柔軟で滑らかになり、常にサウナの後のような浸透感な肌へと変化。毛穴も実験開始前に比べて小さくなったという結果になりました。
参考:
http://gigazine.net/news/20140526-bacteria-hygiene/

やっぱり、抗菌や除菌ばかりを重要視していると、自分の肌にいてくれているよい常在細菌もいなくなってしまう気がするなぁ・・・。菌とは、「争わずに、共存」が基本ですね♪

今日もムリせず、楽しくコツコツ腸活・菌活しましょう♪

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。