▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

アンチエイジング

目の下のクマを消す方法はコレ!~森永製菓さんの甘酒美容研究より~

投稿日:2017年1月3日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

ダイエットに成功したけど、顔色が微妙…って思ったことありません?今回は目の下のクマの原因や、甘酒を使った治し方についてまとめたいと思います。

目の下のクマの原因は?

実は私がそうでした。なんか、目の下が黒い気がして、これが「」なんだ!!って、はじめて気がついたり。笑 色素沈着系のクマの場合は難しいとしても、ダイエットによるクマの多くは、栄養不足で血流が悪くなっていることが考えられます。

目の周りの毛細血管の血のめぐりが悪くなると、血が黒ずんで、皮膚が薄い目の周りが黒くなってしまうらしいです。血行促進のマッサージもいいけれど、あんまり目の周りをいじってばかりいても、しわになっちゃう気がするから、私は体の中から変えたい派。

そんな中、森永製菓さんと東京工科大学の前田憲寿教授(医学博士)との共同研究が発表されていたのでご紹介したいと思います。


▼記事内容はこの下に続きます▼


甘酒を飲むと、目の下のクマが薄くなる?!

40~60代の女性17名を対象に、「」と「」をコントロールにおいた効果試験を実施したそうです。すると…こんな結果が・・・!

1ヶ月間の継続飲用の結果、「」について測定装置を用いた評価で、甘酒群はプラセボ群に対して“目の下のクマの明るさの有意な改善”が認められました。さらに、「皮膚の表面温度」においても甘酒群でのみ飲用前に比べて、飲用後には表面温度の上昇が見られ、“老廃物排泄促進”などがクマの改善に関与した可能性が示されました。
参考:
https://www.morinaga.co.jp/company/newsrelease/detail.php?no=1165

そっか、血流がよくなったことで、活性化が温度にもつながったんですね。わかりやすい結果だわ…!他にも、「髪のつや」「朝の目覚め」<などにも良化したとの結果が出たそうです。冬になると乾燥で、髪の毛がぱさぱさになるので、甘酒は欠かせないかも…!

目覚めが悪くて、毎日遅刻しそうになる!!という方がいたとしたら、そんな方にも甘酒はおススメです♪甘酒生活、思いのほか多くの方の役にたつかも?試してみてくださいね★

今日もムリせず、楽しくコツコツ腸活・菌活しましょう♪

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

-アンチエイジング
-, , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

老化物質「AGE」とは?抗糖化ケアが大事な時代、〇〇を摂取しよう!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 最近、美容や健康、アンチエイジングのテーマとして注目を集めている「抗糖化」。チョコレート大好きな私にとって、若干無理かもし …

ビフィズス菌bb536の効果に驚愕!エクオールも作れるってホント?

ビフィズス菌は私たちの腸内細菌の中で善玉菌の代表となる菌です。その中でもビフィズス菌bb536は、生きたまま大腸まで届くとか、アンチエイジングに欠かせない成分エクオールを作れるなど、最近とても話題にな …

美肌効果を高めるフルーツの食べ方 ~きれいなぷるぷる肌のために~

ビタミンやポリフェノール、酵素や食物繊維がたっぷり含まれていて、アンチエイジングやダイエットによさそうなイメージが強いフルーツ。   朝ごはんは、フルーツにヨーグルトをかけて食べます~! 朝 …

健康長寿「センテナリアン」を目指そう!長寿に効く食べ物は腸内細菌によって違う?!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 ↓この記事は以下の記事の続きです アンチエイジングは古い?!エイジングを楽しむ「センテナリアン」とは? http://ro …

「抗酸化」ってなに?抗酸化物質、抗酸化作用についてまとめてみた♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 私たちのカラダが老化したり、太りやすくなったり、代謝が悪くなる原因として有名なものが、「酸化」、「糖化」、「炎症」です。 …

腸活じんべー編集長:長谷川ろみ
元おデブ。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、発酵食品との運命の出会いをはたし、数十キロのダイエットに成功しました!

このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ