▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

おもしろ免疫力アップ法!犬(ペット)を飼うと免疫力がつく?~菌と健康の関係性~

投稿日:2017年1月5日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

親戚のおうちに遊びに行くと、わんちゃんも一緒に来ていて、とても和みました…動物大好きなんですよ~。

昔飼ってた犬が19年の大往生だったのだけど、ペットロスがすごすぎて、復活まで時間がかかったので、もう飼えない気がしています。笑 でも好き。ほんとに。だから、親戚のワンちゃんとかがいたら離れられない。笑

実はペットがいるかいないかで、飼い主である人間の健康にも大きな影響があることが知られています。そこに関連するのは、やはり菌!今回はそんなペットと免疫力についてまとめました。

ペットと過ごすと、病気からの回復力が違う!

マイナビウーマンの記事によると…、病気からの回復力に大きな違いがあったそうです。


▼記事内容はこの下に続きます▼


2009年のアメリカの研究で、ペットセラピーによる手術後の回復において、薬物療法が必要になる割合が、50%も低い事が分かりました。この研究で使われた犬は15カ月間、患者を助けるために特別訓練された犬でしたが、ちゃんとしつけをされたペットは人間の健康を改善させ、不安も減少させる効果があることが分かりました。不安が少ないということは、薬物治療の必要性も少なくなる、という結果になります。
参考:
https://woman.mynavi.jp/article/130917-029/

訓練した犬は、カウンセラーのように人を癒すことができるんですね。本当にすごいです。尊敬しちゃう。ココロの問題だけではありません。アレルギーの抑制などにも効果が確認されています。

ペットと過ごすと、免疫力がアップする!

ペットビジネス学院さんのホームページには、2012年に行われたフィンランドの研究結果が発表されていました。

犬を飼っている家庭の子供は、飼っていない家庭の子供に比べて生後12ヶ月の間に風邪や耳の感染症に掛かった件数が少なかったそうです。調査した子供のうち、犬を1日18時間以上外で飼っている家庭の子供がもっとも健康で、熱を出したり、抗生剤を摂取することが一番少なかったそうです。
参考:http://pet-pal.jp/

親戚のおうちには、子供もたくさんいたのだけど、実はいい効果があるのかも?ペットを飼っている方にとっては朗報ですね★

今日もムリせず、楽しくコツコツ腸活・菌活しましょう♪

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

-健康
-, , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

「オレイン酸」と「腸内細菌」の関係 ~強力タッグで健康を作る仕組み~

昔は油と言えば、人間の健康にとってはあまりよくないものというイメージが強かったように思います。   太っちゃうとか、コレステロールがたまるとか。     でも最近は、「良 …

「アミティーザ」はただの便秘薬じゃなかった?腎臓病の進行を抑える仕組みとは?

2012年に誕生した便秘薬「アミティーザ」をご存じですか?     「アミティーザ」は、小腸の腸液の分泌を増やして、腸内の水分を増やしてくれる、当時はかなり画期的な便秘薬でした。 …

ココアのカフェイン量は?妊婦さんや夜中でも飲める健康飲料なのか?

ココアの健康効果が注目されています。 その中でも腸活中のみなさんであれば、「便秘解消効果」がかなり気になるのでは?     ▼過去記事 ココアを飲むとなぜ便秘が解消できるのか?~メ …

口内炎の治し方 ~即効性重視で腸内環境からアプローチする方法~

大騒ぎするほどでもないんだけど、できてしまうとすごーくテンションが下がってしまう口内炎・・・それも舌にできてしまうと、美味しいモノが食べられなくなったり、しゃべりにくくなったり、味覚が鈍くなったりと、 …

【東京ビッグサイト・健康博覧会】抗糖化・ロコモ・健康油そして…

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 2017年2月15日から17日までの3日間、第35回東京ビックサイトで「健康博覧会」が開催されます。「健康博覧会」とは、「 …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ