▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

ダイエット

「デブ菌」を減らすサプリと食材はコレだ! ~もち麦・ヨーグルト~

投稿日:2017年1月8日 更新日:




ダイエットをしてもなかなか痩せない・・・
逆に太りやすくなったかも・・・

 
ダイエット中なのに、なかなか効果が出ずに焦っている方、もしかしたらあなたの腸内フローラは、デブ菌が増え、ヤセ菌が減り、太りやすい腸内環境ができあがってしまっているかもしれません。
 

 
前回はデブ菌とは?という定義をご紹介しましたが、今回はより実践的にダイエットに使える方法をご紹介!
デブ菌を減らし、ヤセ菌を増やすサプリや食材をまとめました!
 
▼前回記事

 


 

おさらい:デブ菌とは?

デブ菌は、一般的にファーミキューテス門に属す、「ファーミキューテス菌」を指しています。
 
前回詳しく説明しましたが、決して悪者ではありません。
 
ただ・・・ダイエット中の私たちにとって、結構困りもの。
 
ファーミキューテス菌が増加すると、食事に含まれる栄養を吸収することを手伝ってしまうんです。栄養回収率が高くなるため、私たちの体は脂肪を蓄えてしまい、肥満に繋がると言われています。
 
だから痩せたい人は、デブ菌を減らし、ヤセ菌を増やしておくと、効率的なダイエットがしやすいのです。
 

デブ菌を減らす食べ物・サプリ

ここからはデブ菌はどうやったら減らすことができるのか、具体的に見ていきましょう。
 
もちろん、基本的には腸内環境のバランスを整えることが大事です。偏った食生活が前提だと、いくらデブ菌を減らす食材やサプリを食べてもなかなか効果が出ない可能性もあるので、日々の食生活から気を付ける必要があります。
 
その上で、プラスで意識したい、デブ菌を減らし、ヤセ菌を増やすコツがあります。
 

食物繊維を摂取する

私たちの腸内フローラは案外単純です。デブ菌が好きな食材を食べ続ければ、デブ菌は増えますし、ヤセ菌が好きなものを食べ続ければ、ヤセ菌は増えます。
 
だから基本的には、デブ菌と同じものが好きな人はデブ菌が増え、ヤセ菌が好きなものが好きな人はヤセ菌が増えているはずなんです。ちょっと大げさかもしれないけど、解りやすくするために簡略化して書いてみると・・・
 

デブ菌が好きなもの
炭水化物や糖分

 

ヤセ菌が好きなもの
食物繊維

 
クリスマスやお正月の時期って、結構炭水化物や糖分を食べ過ぎてしまいやすい環境に陥りませんか?笑
 
こんな時、デブ菌は増えているかもしれません。クリスマスケーキにお雑煮やおせち、すべてかなり糖分が多い食事です。炭水化物や糖分ばかり食べているなと思ったら、食物繊維の多い野菜などを意識して摂るようにしてみてください。食物繊維はサプリで取る方法でもOKですよ!
 
体質によってはかなりの効果がある可能性も。私の友人は食物繊維サプリで5キロ以上やせました。もともと便秘体質で、便秘の改善が効果として大きかったようだけど。
 

白米をもち麦に置き換える

以前、「持ち麦ダイエット」と呼ばれる、白米をもち麦に置き換えるダイエット法が流行しましたよね!なんとなくのイメージだと白米ももち麦も炭水化物で、大差ないように思いますが、実は全く違うんです。
 

白米100gに含まれている食物繊維はたったの0.5g、食物繊維が豊富と言われている玄米でさえ100gあたり3gしか食物繊維が含まれていません。
 
しかし、もち麦はというと何と100gあたり約13gもの食物繊維が含まれています。つまりもち麦は、白米の約26倍もの豊富な食物繊維を含んでいるという事ですね。
 
参考:https://bikatsu-hack.jp/1600.html#1

 
また、よく注目されるのが食物繊維の種類です。もち麦は水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も入っているのに、白米は不溶性食物繊維が多い食材です。ヤセ菌はこの持ち麦の食物繊維が大好きです!だから、もち麦を食べていると白米の時よりすすんで増殖してくれます。
 
実際にテレビでもち麦ダイエットに挑戦した方もいます。
 
フジテレビ「その原因、腸にあり!」という番組で産後太りに悩む、お笑いコンビ「北陽」のあぶちゃんこと、虻川美穂子さんと俳優の信江勇さんが「もち麦腸活ダイエット」に挑戦されていました。
 
その2週間のダイエットの結果はこんな感じ!
 


▼記事内容はこの下に続きます▼


▼虻川美穂子さん (41歳)
体重:67.7㎏→65.1㎏ (-2.6㎏)
 
▼信江勇さん (27歳)
体重:93.3㎏→87.7㎏ (-5.6㎏)

 
痩せにくくなる40代のあぶちゃんも効果がちゃんと出ているので、期待できるダイエットなのかも?!
 

DHA・EPAサプリや青魚を食べる

実はDHA・EPAなどの青魚に含まれる油をとると、ヤセ菌として有名なアッカーマンシア・ムシニフィラ菌が増えるという研究結果があるのです。詳しくはこちらの過去記事をご確認ください。
 
▼過去記事

 
この結果をみると、青魚もおススメ!ただお魚は一人暮らしの方だと、お料理がめんどうな場合もあると思うので、DHA・EPAのサプリメントを摂るのもおススメです。ちなみに私は、摂ってみてます。変化はまだわからないけど・・・ちょっとずつ腸内環境が変化して、ヤセ菌が優勢になっていることを期待してます。笑
 

ヨーグルトをはじめとする発酵食品を摂取する

ヨーグルトは、とても食べやすい発酵食品の1つですよね。他にも納豆やみそ汁など、発酵食品は腸内環境を安定させてくれる私たちの味方です。
 
自分の体にあった発酵食品を見つけて、習慣的に摂取するのがおすすめ。同じヨーグルトでも入っている乳酸菌の違いによって、自分の体質に合っているものと会っていないものがあるそう。わかるようになるまでには時間がかかるかもしれませんが、どちらにしろいろいろな菌をとってみるのは腸内環境にとってとても重要です。
 
また発酵食品を食べるタイミングにもおススメがあります。それは、夜!
30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLARさんには以下のようなおススメ文が掲載されていました。
 

小林教授によれば、腸の働きは副交感神経が司っているため、働きが活発になる夜の時間帯が腸の活動も活性化するのだそう。
 
その時間帯に善玉菌の働きをサポートする乳酸菌を腸に届けることで、腸の働きをサポートする効果が一層高まるのだとか。夕食後のデザートとして食べるより、寝る1時間前に夜食として200g食べるほうが効果が高いそうですから、夜食にはヨーグルトですね!
 
参考:http://lar-japan.com/archives/30008

 

まとめ

ヤセ菌は食物繊維が大好き、デブ菌は糖と炭水化物が大好き!ということだけ覚えておけば、今回ご紹介した食物繊維、もち麦、DHA・EPAサプリメントだけでなく、いろいろな食べ物に応用できると思います。
 
できる限り食物繊維が多そうな方を選ぶようにすれば、自然とヤセ菌とデブ菌のバランスが整っていく可能性は高いです。(もちろん体質のよってどのバランスがよいかはわからないので、自分のカラダとにらめっこしてみてくださいね)
 
痩せやすい体づくりのために、ヤセ菌やデブ菌となかよくしましょう。
腸活の参考になれば幸いです。
 
▼便秘についてもっと知りたい方におすすめの記事は下にあります↓



▼便秘についてもっと知りたい方におすすめの記事

 

ランキング参加中、応援クリックお願いします♪
↓↓ 現在の順位はこちら ↓↓

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活LAB.編集長。元おデブ。 発酵食品との出会いにより数十キロのダイエットに成功。過去の自分と同じ悩みを持っている人に向けて、腸内環境の大切さを伝える活動中。 >書いている人詳細はコチラ

-ダイエット
-, , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

CLA(共役リノール酸)&MCT(中鎖脂肪酸油)とは? ~抗肥満・メタボ対策のために~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 毎日の食生活で必ずとるものと言えば、調味料と油・・・この2つは、毎日のことなので、個人的にすごく重要だと思っています。 オ …

「デブ菌」とは? ~デブ菌診断はダイエット成功の近道?~

最近、テレビや雑誌、新聞などのメディアで、「デブ菌」や「ヤセ菌」という言葉を多く聞くようになってきました。   デブになる菌=「デブ菌」というわかりやすい名称なので、覚えやすいのかな?さらっ …

レジスタントスターチの温度、何度まで冷やす?含有量や摂取量の難しい問題

でんぷん(糖)なのに食物繊維の働きをすると言われるレジスタントスターチ! みなさんは、活用してますか?     なにそれ?とか思った方!!まずはこちらをチェック。   ▼ …

爆笑問題・太田、ダイエット中?!乳酸菌1日9兆個生活を告白♪ ~ラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』より~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 爆笑問題の太田さんと言えば、なんかとってもスリムな人…腸内環境はヤセ菌だらけなんだろうな~と思っていましたが、なんと今、ダ …

内臓脂肪を減らしたい人必見!腸内環境改善ヨーグルト「ガセリ菌SP株」入り!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 太っちゃったよ~太っちゃったよ~とお嘆きのあなた。かんたんに「太った」と言ってもね、体重だけ見てないで、どこがどうなったの …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ