▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

「冷え腸」にならない方法 ~朝ご飯を食べないと冷え性リスク2倍?~

投稿日:2017年1月11日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

「冷えは万病のもと」と、昔からよく言われます。

ほんとにね、これはかなり実感してる…wもちろん食べているものや生活習慣で改善することもできるけど、やっぱりもともとの体質もあるからさ、冷え体質である私からすると、カラダが自然に温かくなる人は本当にうらやましいです♪熱をカラダにこもらせてしまう人は、それはそれで苦労があるようではあるのでね、無いものねだりではあるのだけど。
(私の母はこのタイプで、わたしとは違う苦労をしています)

腸も例外ではない!温めるのが大事な理由

カラダが冷えると、血の巡りが悪くなり、血の巡りが悪くなると、いろいろなカラダの機能が落ちてきます。その中でも、よく言われるのが「免疫力の低下」です。カラダが冷えると免疫力が落ちるとはよく言いますが、それは、もっと直接的に言うと、免疫細胞の働きが悪くなるということです。免疫細胞の6~7割は、腸にあると言いますから、腸を冷やすと、結構なダメージなわけです。

とはいえ、腸だけ温めるとかは結構難しいですよね。あまり腸だけに固執せず、でもある程度意識しながら、私はいつもこの3つを心がけています。

・白湯を飲む
 ∟起きたばかりの腸は、とても冷えている気がして、白湯を飲みます。
  すると、不思議。トイレに行きたくなります。=トイレスイッチ!便秘解消。
・筋肉をつけるための運動をする
 ∟ジムに行ったら、有酸素運動の前に必ず筋肉運動をするようにしています。
  たぶん、私の場合、筋肉が付きにくい体質がいろいろ招いてる…w
・寒かったら我慢しないで暖かい恰好をする
 ∟前はちょっとカッコ悪いかなと思ってガマンしてしまうこともあったのですが、
   今は寒かったら羽織るし、お腹にゆたんぽを置くし、仕事場でもあんまり気にしません。

朝ご飯を食べないと、「」リスクが2倍?!

なんと、ちょっと恐ろしい調査結果がWotopi(ウートピ)さんに掲載されていたので、ご紹介したいと思います。その記事によると、なんと朝ご飯を食べないと、隠れ低体温のリスクがなんと2倍になるというの!こわいよーーー。


▼記事内容はこの下に続きます▼


腸の働きを活性化し体を温める「腸温活」を啓発する「腸温活プロジェクト」が、首都圏に住む20~40代の有職女性600人を対象に「働く女性の『体温と朝食』に関する調査」を実施したところ、8割の女性が日頃から冷えを感じており、朝食の欠食で「」(隠れ低体温)のリスクが2倍になることがわかりました。
参考:http://wotopi.jp/archives/41746

ダイエットや健康の話になると、食べたほうが良い派と食べないほうが良い派

白湯だけの日がいちばん多いかも?白湯だけの日がいちばん元気なんです。笑 やっぱりお腹が空いていないのに食べると、1日中もや~っとしてしまうんだよね。医学的根拠は一切ないですが、笑、

私は、ご飯の回数が多いと、どうも消化酵素をムダづかいしすぎになってしまうのではと思ってる。結構私が「この人若いな~」「この人健康だな~」と思う人は、朝ご飯を食べない派の人のほうが多くて。みなさんも冷え性リスクがあることはいちお踏まえておきつつ、自分のカラダに聞いてみてください。

もちろん、朝ご飯を食べるようにしたら、急に冷え性が治った!という方もいるハズだから♪

今日もムリせず、楽しくコツコツ腸活・菌活しましょう♪

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

-健康
-, , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

【医学】新臓器「腸間膜」は東洋医学ではすでに発見?~西洋医学比較~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 2016年末に西洋医学で発見され、論文として発表された新しい臓器「腸間膜」ですが、東洋医学やアーユルヴェーダは、前から知っ …

糖尿病に良いヨーグルトはどれ? ~乳酸菌と血糖値上昇のしくみ~

乳酸菌食材の中でも、とても人気があるヨーグルト。   食事後のデザートとして、あまりおなかが空いていないときの栄養補給として、おやつとして、とても摂取しやすく人気ですよね!   & …

健康のための取り組みは「食生活の改善」が1位!~みんな改善したがってる?~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 電解水素水整水器を作っている「日本トリム」さんが、「家族の健康不安とお金に関する調査」を発表しましたよ★ ここ最近、高齢化 …

【腸内環境改善法】腸内フローラが喜ぶおなかの作り方

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 前回、こんな記事を書きました♪今回はこの記事の続きを書いてみたいと思います。 ▼過去記事 「腸内環境を改善する」って具体的 …

妊婦さんの花粉症、市販薬は飲まずに緩和するには?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 昔はこんなに多くなかった気がするなぁ…花粉症。今や、花粉症は「国民病」とまで言われ、日本人の4人に1人は花粉症だと言われて …

腸活じんべー編集長:長谷川ろみ
元おデブ。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、発酵食品との運命の出会いをはたし、数十キロのダイエットに成功しました!

このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ