腸内環境改善レシピ★市販のキムチを好みの味に!「キムチアレンジ法」

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

うちの冷蔵庫には常にキムチが入っています。本当は手づくりでちゃんと自分が認識した材料だけを入れたものを食べたいところだけど、なかなか日本では毎回は作れないので、ほとんどが市販のもの。それでもやっぱりおなかの調子はよくなる気がします。

私がやせるきっかけになったキムチは、韓国の方が手づくりで作ったキムチなので、確かに味はちょっと違うし、お腹のうごきも違うけど、気軽に野菜が摂れるっていうだけでもキムチは結構スグレモノだと思います!

でもね、市販のキムチってほんと、ものによって味が違うの!!笑 買ってみてから…あれ…これ、あんまり好きじゃない…と思う方もいるかも。(私は結構ある) 私は、コク強め、辛み強め、酸味弱めが好きみたい。最初にキムチ生活を送っていた時のキムチの味がこんな感じでした。

日本のキムチに慣れている方は、コク弱め、辛み弱め、酸味弱め、和だし入りが好きだったりするのかなぁ…?私はこれだとちょっと物足りなくて、辛くて、かつ発酵してるね~と感じさせるぐらいコクがあるやつが好き♪自分好みのキムチにしたい場合のアレンジ法を少しまとめてみたいと思います。

酸味が強いキムチの場合

すっぱすぎるキムチを買ってしまった場合、もしくは、冷蔵庫に入れているうちに酸っぱくなってしまった場合のキムチにおススメなのは、ごま油と炒めるです!

これは実は韓国でお仕事をしている時に、韓国人の友達がみんなやっていた方法。あと、韓国の焼肉屋さんでは、わざと鉄板を斜めにして、肉の油がたまる場所を作り、そこにキムチで土手をつくって肉の油で焼かれたキムチを食べていました。こうすると、キムチの酸味が油でまろやかになって、すごく美味しいのです。

スポンサードリンク

酸っぱくなったキムチは、そのままごま油でいためたり、豚肉と炒めて、豚キムチにするのがおススメです。

辛さが足りないキムチの場合

日本のキムチは辛さが足りない~…辛さが苦手な方もいるかもしれませんが、やっぱり多少辛くないとキムチ食べてる感がないよ~という方がいたとしたら、コチュジャンを足すことをおススメします。

ただの唐辛子を入れても、なかなかあのコクのある辛さはでないので、やっぱりコチュジャンが一番よいなと思います。コチュジャンは辛いけど、水あめや味噌も入っているので、コクがスゴイんです。最近は普通のスーパーで売っているし、辛いのが好きな方はいろいろな料理に使える調味料なので、冷蔵庫に入れておいてもよいかもしれません。

辛すぎるキムチの場合

辛さが苦手な人はコレは大問題ですよね~。私は辛さは得意なので、辛すぎて調整が必要なことはないのだけど、辛さがニガテな人にふるまう場合は、はちみつ+味噌 OR 甘酒をちょっと入れたりします。

甘酒は酒粕甘酒ではなく、麹甘酒のほうね。味噌にしろ甘酒にしろ麹の成分が入り、栄養素的にもバランスがよくなるのでおススメです。どうしてもどうしても辛くて食べられない時は、水で洗ってしまうのもなしではありません。韓国では子供はキムチを洗って食べるんだって!笑

・菌活の参考にしてみてください。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。