【ダイエット】痩せ習慣!アメリカで注目の「ヘルシースナッキング」とは?

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

ダイエットをしていれば1度は、「間食しちゃだめ」と強く指摘されたことがあるはず。でも最近、「ヘルシーに間食をして、やせよう!」という動きがあるようなんです。ええええ。そんなのあり?笑

今回は、その「」に注目してみましょう♪

痩せる習慣?!ヘルシースナッキングとは?

アメリカで今人気の「ヘルシースナッキング」とは、「ヘルシー=健康に」、「スナッキング=間食」することを指しています。朝・昼・夜の通常の食事を軽くして、ちょこちょこと食事の間に健康的な間食をすることで、健康的にダイエットしようとする方法なんだって。

この「間食をしたほうがいいのか、わるいのか問題」は常に議論されますね~。うーん、正解はどこにあるのだ。笑

私は、何事も自分にあうかあわないかだと思うタイプなので、みなさんにもぜひ自分に合うかどうか考えてみてほしいなと思いますが、自分なりのルールを設けるのは、ダイエットの基本ですよね。そういう意味で、「間食するなら、これ」、「間食するならここまで」と思える指標とするならいい方法なのかもしれません。

スポンサードリンク

まぁ…私はなるべくお腹が空いている時間を作ったほうがいいのではと思っているほうではあるんですが…おなかがなったらキレイのチャンスだもん♪

太りにくいヘルシースナッキングのやり方

森永製菓さんのホームページで、太らないように間食をとるヘルシースナッキングの効果的な方法が紹介されていました。そのポイントは3つ!

1:糖質の吸収を緩やかにし、「」と「たんぱく質」をしっかり補充。
2:間食のタイミングは、脂肪を蓄積しにくい「午後2時から3時ごろ」
3:1日の軽食は「200cal」程度が目安

なーんだ!結構厳しい基準で安心しました♪一歩間違えると太りやすくなってしまう方法だとも考えられるので、気を引き締めてトライしてみてくださいね★

・菌活の参考にしてみてください。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。