▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

アンチエイジング

赤ちゃん肌になるには?資生堂が見つけたD-アミノ酸を含む食材とは?

投稿日:2017年1月25日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

大手化粧品メーカーの資生堂さんは、私たちの肌に関する研究に余念がありません。あれだけ大きな企業ですから、もちろん研究規模も大きく、肌や美容に関する、いろいろな研究結果を発表されています。

資生堂さんが明らかにした「赤ちゃん肌」になるための食材気になりませんか?実は、これ、発酵食材なんです。やっぱり発酵のチカラってスゴイなぁと思わざるを得ませんが、今回はそんな資生堂さんの研究結果をまとめてみたいと思います。

幼児の肌に豊富に含まれる美容成分とは?

資生堂さんと九州大学大学院薬学研究院が共同で開発した機械「D/L-アミノ酸高感度一斉分析装置」により、今までは人のカラダの中にはないとされていたD-アミノ酸が含まれていることを明らかにしました。それもD-アミノ酸は肌の角層に4種類もあることが解っています。

この中でも「D-グルタミン酸」は幼児の肌に豊富に含まれ、20代以降は3分の1へと急激に減少して行くことが解ったのです。赤ちゃん肌になりたければ「D-グルタミン酸」が必要なのかもしれません。

D-グルタミン酸とは?

資生堂のホームページによると、D-グルタミン酸は肌のバリアを作ってくれる美肌に重要な成分です。


▼記事内容はこの下に続きます▼


D-グルタミンを塗った部位は4時間後には肌のバリア機能が回復しました。
一方で、D-グルタミン酸を塗らなかった部位は肌のバリア機能が著しく悪化しました。この結果から、D-グルタミン酸が肌あれを改善し、バリア機能を回復させることを発見しました。

参考:https://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002085

赤ちゃん肌は、このバリア機能が高性能だから、あんなにいつもつるりんとしているんですね。

D-グルタミン酸が肌内部からの水分蒸発を防ぐ「細胞間脂質」を補給するスイッチをONにする機能があることが明らかになっています。
参考:https://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002085

水分を蒸発させないことができるなんて、本当にすごい成分ですね。この成分ほしい!笑 と思った場合、何か食べ物で補えないのでしょうか?資生堂さんは、一般的な惣菜から、加工食品、調味料、飲料、食品原料など約300種類の食材について、D-グルタミン酸に関する分析をしたそうです。すると…D-アミノ酸を多く含む食材があることを発見しました!

飲んで肌に届く「黒酢」がスゴイ!

資生堂さんのプレスリリースによると、このような記載があります。

この黒酢に含まれる D-アミノ酸を継続して飲んだところ、途中で分解されることなく肌(角層)まで届いていることが確認できました。
参考:https://www.shiseidogroup.jp/releimg/1806-j.pdf

えーーーー。飲むだけでいいんだ!ちょっとこれは黒酢を使ったドリンクを毎日飲む必要がでてきたぞ…笑

・菌活の参考にしてみてください。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

-アンチエイジング
-, , , , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

コウジ酸パワーでアンチエイジング&美白のスピードアップ?!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 肌白いねーって、言われました。ほんと?ほんと?子供の時は、白いねなんて言われたことなかったけど。 白いのかな。自分ではわか …

老化の三大要素「酸化」「糖化」「炎症」を防ぐ方法 ~腸内環境改善と食生活~ 

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 みなさんは、ココロとカラダの健康のために、何かしていることはありますか? 老化や未病(病気と言うほどではないけれど、健康で …

腸内フローラ、口内フローラ、肌フローラの意味をまとめてみた♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 最近、「フローラ」という言葉が増えているような気がしています。 「腸内フローラ」に「口内フローラ」、そして「肌フローラ」ま …

サーチュイン遺伝子は嘘なのか?!若く見えるのは遺伝?

お腹が空いている時に、「ぐ~~~」ってなると、私はスゴくうれしくなります。 なぜなら、この「ぐ~~~」は、「若返ってるぞー」っていう意味だから!   ・・・と信じて数年。笑    …

ジョジョの奇妙な冒険は間違ってた?!若者の血にアンチエイジング効果はない!という研究結果が判明!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 若い血をくれ~…若い美女の血で若返るのだぁ~~ っていう、吸血鬼の方がもしこのブログを読んでくれていたらですね、ちょっとそ …

腸活じんべー編集長:長谷川ろみ
元おデブ。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、発酵食品との運命の出会いをはたし、数十キロのダイエットに成功しました!

このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ