【ダイエット】甘酒の種類をおさらい♪ダイエットにおススメのつくり方

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

今更、甘酒の種類?!って思う方もいると思う。いると思うけど、いちおおさらいします♪だってよく質問されるんだもん。

この前、お肌にいっぱい吹き出物ができちゃうという女の子に会ったんです。お野菜の食物繊維やビタミンについていろいろ話していたときに、「あ、そうそう、甘酒はビタミンB群の摂取にいいよ~」と言ったら、「でも、お酒はちょっと…」って言われたので…!!

お酒入ってないよ!!ってすごい勢いで迫ってしまいました。笑 若干気持ち悪い人だったと思います。反省w

…というわけで、これは、伝えなければならんと、正義感?に燃えております。

【重要】甘酒には2種類ある!

世間一般に「甘酒」と言われるものには、2種類あります。重要なことなので2回言いますが、2種類あるんです。でもね、漢字も読み方も一緒だしね、本当に誤解が多いみたい。ここでまとめておきますね。

1:麹から作られた甘酒 (麹+米+水)
2:酒粕から作られた甘酒 (+砂糖+水)

麹から作られた甘酒とは?

まずは、麹から作られた甘酒についてですが、麹を発酵させて作ります。もともと麹やお米に含まれた糖質を麹菌が分解(=発酵)することによって甘くなるので、お砂糖は入れません。分解の過程で、ビタミン類も麹菌がたくさん作ってくれます。

酒粕から作られた甘酒とは?

そして次に、酒粕から作られた甘酒。これはお酒を作る時にできたしぼりかすである酒粕を水で溶いたものです。お砂糖やはちみつや何かしらの加糖をしない状態だいと甘くないので、一般的に市販品はお砂糖が加えられています。酒粕はあくまでお酒をつくった時の絞り粕なので、アルコールも含んでいます。だからお子様や妊婦さんは飲めません。お酒を作る時に麹菌はもちろん活躍しているので、栄養素は多少違うものの、麹で作った甘酒と同じぐらい、栄養的に優秀ではあります。

スポンサードリンク

ダイエット中の方におすすめなのは…

もちろん作り方にもよるので、どっちのカロリーが低いかは難しいところです。栄養素的にもその人が不足しているものに寄るかもだしな…多分市販品はメーカーによってもかなり違うはず。

一般的には、酒粕甘酒のほうがカロリーが高いと言われていますが、それは、先ほどお話しした加糖によるもの。もしご自分で酒粕を溶かして作るなら、甘味を入れる時にも、ただの白砂糖ではなくオリゴ糖やはちみつを使った方が、お腹に優しい酒粕甘酒ができますよ。

市販のものを買う場合は…ちゃんと材料を見て買ってほしいかな…。彩食健味さんのホームページではこのように説明されていました。

酒粕ベースの甘酒はそのままだと甘みがなく、砂糖などを加えて飲むというのが一般的です。そのため、実際の摂取カロリーは甘酒のカロリー+糖類のカロリーとなってしまいます。目安として砂糖大さじ一杯が35kcalです。なので、カロリーで見てみると酒粕ベースの甘酒よりも、米麹ベースの甘酒の方がヘルシーでダイエット向き!ということですね。
参考:
http://superfoods-life.com/%E7%94%98%E9%85%92%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%AF%94%E8%BC%83%EF%BC%9A%E7%B1%B3%E9%BA%B9vs%E9%85%92%E7%B2%95-676

確かに、白砂糖がたっぷりくわえられた甘酒はあんまり飲みたくないかも…そういう意味では注意が必要です。酒粕甘酒は加糖されているという意味で注意が必要だけど、麹甘酒も市販のものはお米が入っているので、高カロリーと言えば高カロリー。栄養ももちろんいっぱいだけど、飲みすぎると太ってしまう可能性も。毎日おちょこ一杯が適量と言われています★

お気に入りのサラサラ米麹甘酒をご紹介!

私は完全に米麹甘酒派、それも手づくり派ですが、自分で作る時はほとんどお米を入れません。お米を入れるということは、糖質をたくさん入れるということだから、麹菌のエサがいっぱいになって、麹菌がたくさん栄養を作ってくれることになります。

それだけ聞くといいことなんだけど…やっぱりカロリーは高めになってしまうし、味ももたっとしてて、それだけでお腹いっぱいになっちゃう…毎日飲みたいと思えないなーっていうのが私の最初の感想だったの。

なんかもっとさらさらとさわやかに食べられないかな~と思って、お米は入れずに麹と水だけで発酵させてみたら、なんとそれだけでも十分甘いし、美味しい!個人的には、麹と水だけのほうがさらさらしてておいしく感じます♪調味料として使う時もそっちの方が私は使いやすい!

一般的な甘酒の作り方に飽きたつわものさんがいたら、ぜひサラサラ甘酒も試してみてくださいね★

・菌活の参考にしてみてください。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。