【アンチエイジング】「体内酵素」って何?~定義から増やす方法まで~

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

最近、ムダなものを食べたくないなーってすごく思うんです。わくわくするぐらい美味しいものや、ずっと食べたかったものって、たとえジャンクフードであっても、私は食べちゃうタイプ。笑

だって、「食べたい!」っていう気持ちを抑えるのは、ストレスになるからさー。ストレスがいちばんよくない気がしてる。美容にとっても健康にとっても。私はチョコレートはがまんしないことにしてます。大好きだから、がまんするとストレスになるんだよね。でも、意識しないうちに自分のカラダの中に、いらないものが入ってるのはやだなー。あとは、習慣になってしまってて、ほしくないのに入ってくるのもやだー。その理由は、「体内酵素」を減らしちゃうかもしれない…と思うから。

体内酵素ってなに?

体内酵素は一般的に2種類あると言われています。

消化酵素
代謝酵素

の2種類なのだけど、前に詳しく記事に書きました。

▼過去記事

消化酵素をムダづかいしない発酵調味料を作ってます♪
https://www.chounaikankyou.club/article/445570919.html

問題なのは、消化酵素として体内酵素を使いすぎてしまうと、代謝酵素に使われる酵素が不足して、細胞がなかなか生まれ変わってくれなくなってしまうと言われていることなんです。

そうなると、「肌が汚くなる」というのは有名ですが、代謝酵素が生まれ変わらせてくれているのは、「細胞」だから肌だけではなく、腸壁とか内臓の細胞なんかも、なかなか生まれ変われなくなってしまうのです。すると、腸内環境も悪くなりますし、酵素が作られにくくなるという悪循環が起こります。本当にカラダ全体の一大事ですな。

スポンサードリンク

体内酵素を増やすためには?

体内酵素を消化のために使いすぎてしまわないように、そして体内酵素を増やすためには、いろいろな方法が考えられますが、大きな枠としてはこんな風に考えるとわかりやすいかもしれません。

消化が難しい食べ物を避ける

カラダの外から食物酵素を摂って、消化しやすくする

腸内環境を整えて、腸内細菌の酵素の分泌量を増やす

「消化が難しい食べ物」というのは、そもそもの食べ物のことだけではなくて、食べ方も関係します。例えば、食べ過ぎ、早食いによる消化不良も「消化が難しい食べ物」に該当します。また、食品自体は消化しやすいものだとしても、添加物や防腐剤が多かったり、余計な加工がされていると、「消化が難しい食べ物」になってしまう可能性があります。

こう考えると、カラダに入れるものは、すごく気になってくるし、腸内環境はどうしても大事だなと思うんですよね。神経質になりすぎるのもよくないけどね。

一時的に消化期間を休めて、酵素をたっぷりとることで体内の酵素を増やそうとするのが、いわゆるファスティング。私も、週末とか短い時間ではたまにやります。すごく腸がすっきりする感覚と、ぽっこりお腹がなくなるのが不思議です。笑
でも、最近、歳とともに、おなかぽっこりの時期が増えてきたから、ちょっと長めのファスティングをやってみようかなと考え中♪

わたしの場合、結構自己流なので、今のところみなさんにおススメできる感じではないのですが、おススメできるぐらい安定したファスティング法を作りたいな。また、実験材料が増えたかも?!

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。