アンチエイジング

アラフォー女性の新美容ワード「ナレ美」ってなに?

投稿日:2017年2月12日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

なんか、おもしろい言葉がまた出てきたみたい!笑 っていう言葉、知ってますか?

「ナレ」って漢字にすると、「熟れ(なれ)」なんだって。なんか、発酵に関係ありそうな言葉でしょ?

今日は「ナレ美」について、まとめてみます。

」という言葉への違和感

昔からちょこちょこ、メディアなどでテーマになっていますよね。「アンチエイジング」っていう言葉は、なんとなくやだな。って思う人が結構いるという話。実際に『GLOW』読者を対象に実施した読者アンケートでは、こんな結果が出ているそうです。

“アンチエイジングに抵抗がありますか?”という質問に対して、「抵抗がある」と答えた人が最も多く46.4%だった。
参考:http://ddnavi.com/news/352596/a/

半分近く?確かによくよく考えると、変な言葉。アンチは否定の意味だし、エイジングが加齢を意味しているとすると、歳をとることを否定してるように感じてしまう方も多いようです。私もね、便宜上伝わりやすいので使わざるを得なかったりもしますが、正直かなり違和感はあります。誰も否定してるつもりないし。笑

“一番輝いている(いた)のはいつの自分か?”という質問には、「40代の今が一番輝いている」と答えた人が最も多く、半数以上の53.9%という結果も出ており、年を重ねた美しさを大切にし、今を楽しむ女性の姿が示された形となった。
参考:http://ddnavi.com/news/352596/a/

わあ、すてき!でも、このアンケート結果が出たことに対して、なんかすごくうれしい!前向きな方が多いということですもんね。私も年々人生が楽しくなってきているので、すごくわかります。


▼記事内容はこの下に続きます▼


そこで出てきた「ナレ美」とは?

エイジングを否定するのではなくて、ナレ(=熟す)+美(=美しさ)を目指すという意味で、若返るのではなく、年相応の美しさを手に入れるという意味が込められているようです。
発酵による美しさね!笑

確かに「若いね」って言われても、正直全然うれしくはない。「ふーん、そうですか?」って思うだけなんだけど、相手は褒め言葉で言っている場合が多いようです。

男性は年齢相応のきれいな女子に正面きって「きれいだね」「いい女になったね」とは恥ずかしくて言えずに、ほめ言葉として「若いね」「変わらないね」を用いるそうです。
参考:http://ddnavi.com/news/352596/a/

わっ…わかりにくっww 笑 絶対に女性は、「きれいだね」のほうが嬉しいと思う!そういってくれる人が増えるように「ナレ美」に伴う考え方が浸透したらいいな♪

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活LAB.編集長。元おデブ。 発酵食品との出会いにより数十キロのダイエットに成功。過去の自分と同じ悩みを持っている人に向けて、腸内環境の大切さを伝える活動中。

-アンチエイジング
-, , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

乳酸菌で発酵させた長命草に美白効果~コウジ酸に匹敵するレベル~ 

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 久米島という日本の島をご存じですか?沖縄諸島に属する島の中で、一番西に位置する小さい島です。 沖縄県内では、沖縄本島、西表 …

【アンチエイジング】グレープフルーツで美肌!皮膚のバリア機能改善作用がスゴイ♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。   グレープフルーツはダイエットや健康を考えている方に人気の食材の1つです。かくいう私も、かなりのグレープフルー …

【腸活と平熱】モテたい人は「平熱(体温)」をあげよう!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 新品の体温計で、早速体温を測ってみました!そしたらなんと…36度2分。うーん、やっぱり体温をあげる努力をしていた時よりも少 …

【美と健康】最高齢現役モデル「ダフネ・セルフ」さんの美と生き方

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 世界最高齢のスーパーモデルとしてギネスブックに載ったダフネ・セルフさんをご存じですか? 20歳ごろの若かりしころモデルをは …

腸内フローラ、口内フローラ、肌フローラの意味をまとめてみた♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 最近、「フローラ」という言葉が増えているような気がしています。 「腸内フローラ」に「口内フローラ」、そして「肌フローラ」ま …

follow us in feedly