アンチエイジング

冷凍すると栄養価が高くなる?!冷凍フルーツ・野菜のすすめ

投稿日:2017年2月12日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

みなさんは、野菜や果物をたくさん食べていますか?食物繊維をとるには、やっぱり野菜をたくさんとるのがいちばん!

なんでも新鮮なほうが、なんとなくカラダによさそうというイメージを持ちがちですが、冷凍したほうが栄養価が増える野菜や果物もあるんだって♪今日はそんな論文をご紹介したいと思います。

イギリスのチェスター大学の論文内容

なんとイギリスのチェスター大学がレザーヘッド・フード・リサーチと行った共同研究の発表によると、こんなことが明らかになりました。

冷凍の野菜や果物と生の野菜や果物の栄養価を比較したところ、なんと3分の2もの野菜や果物は冷凍のほうがビタミンCや抗酸化物質の含有量が高いことが判明しました。
参考:http://lbr-japan.com/2013/12/02/30010/

ええええ。ほんと?冷凍ってすごいなー。食べきれない時は、冷凍しちゃっていいんだw なんとなくいろんな成分が壊れちゃうような気がして、あまり冷凍しようと思ったことはありませんでした。


▼記事内容はこの下に続きます▼


多くの場合、このようなフルーツや野菜は収穫直後に熱湯にくぐらせ、急速冷凍される。これが栄養分の損失を最小限に抑えてくれるのだそう。反対に新鮮な食材は、運搬、店の貯蔵庫、そしてわ消費者の冷蔵庫で何日も、多いときには何週間も眠っていることになる。この間に、栄養価は下がり続けるのだ。
参考:http://ellegirl.jp/article/7ways-to-eat-helthier-161025-hns/6/

そっか、新鮮なまま冷凍するのがいいということですね。すでに新鮮じゃなくなったものを冷凍してもダメなのか…笑
この論理でいくと、スーパーで売っている冷凍の野菜なども悪くない、むしろ栄養分はよくなってくれるのかも?不思議な話です。

特に、ニンジンやブルーベリーは、冷凍されてないものと比較すると、重要だとされる栄養分が高いそうだ。うーん、冷凍すごい!

アイス替わりにフルーツを食べよう♪

そうなるとおススメしたいのは、やっぱり果物。カロリーの高いアイスを食べるのなら、冷凍果物をたべたほうが断然カラダによさそうです。


ベリー類:

冷凍のベリー類は、ヨーグルトとの相性がかなりよい果物です。洗って、ヨーグルトに入れるだけで贅沢なおやつになります。ビタミンCやポリフェノール、アントシアニンといった美肌に欠かせない成分の含有率が冷凍したほうが高くなるんだって。魔法みたい。

バナナ:

冷凍バナナは誰もが小さい時に作った経験があるんじゃないかな?私は普通のバナナは食べられないのだけど、冷凍バナナは食べられるコでしたw 多分、バナナのもさ~っとした、フルーツじゃないみたいなところがニガテだったから、冷凍するとちゃんとフルーツになって好きだったんです。

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活LAB.編集長。元おデブ。 発酵食品との出会いにより数十キロのダイエットに成功。過去の自分と同じ悩みを持っている人に向けて、腸内環境の大切さを伝える活動中。

-アンチエイジング
-, , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

【美容】最近話題の「発酵化粧品」の効果とは?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 ちょっと前に人気者のローラさんが「発酵エキスのチカラ」をアピールして、化粧品のCMをやっていました。 そこから、「発酵化粧 …

日本初!アンチエイジングの救世主♪唾液でカンタンにカラダの酸化状態がわかっちゃう?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 2016年10月14日~15日に、三重県の四日市市で行われた「認知症サミットinMie」で、アンチエイジング(老化防止)や …

フランス人の40歳からの生きる姿勢。~習慣とスタイル~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 ミレイヌ・ジュリアーノさんの「フランス人の40歳からの生きる姿勢。」という本を読みました。 最近フランス人女性の生き方だっ …

皮膚に住んでる常在細菌が美肌づくりを応援してた?!~アクネ菌が作るRoxPのチカラ~

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 11月2日の「Scientific Reports」オンライン版に、またまた私たちのカラダに住んでいる常在細菌のチカラが明 …

若返り薬「NMN」の効果は?アメリカNASAも認める効果・現状・摂取方法

先日、アメリカの学術誌「セル・メタボリズム(Cell Metabolism)」にワシントン大学の今井眞一郎教授が率いるグループの新しい論文が発表されました。     その研究論文の …

follow us in feedly