酵素PEMTが働かないと脂肪肝に?!酵素不足の危険性

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

私たちのカラダの中には、たくさんの酵素が存在し、その酵素の働きによって、いろいろな変化が起きています。

鮭弁当.jpg

そんな中、ある一定の酵素が不足すると発症する病気があるとの研究結果が発表されました。こわいよー。今回はそんなお話です。

酵素不足で胆石ができやすくなる?!

毎日新聞の報道によると、以下の研究結果が発表されました。

東北大の研究グループは、脂肪肝になって肝臓の細胞に酸素が不足することで胆石ができやすくなることを解明したと、米消化器病学会誌に発表した。生活習慣の改善によってメタボリック症候群や脂肪肝を予防すれば、胆石症も防げる可能性があるとしている。
参考:http://mainichi.jp/articles/20170220/k00/00e/040/177000c

これまでは、なぜ胆石ができるのか、そのメカニズムはよくわかっていなかったそうなのですが、今回やっとはっきりしました。どうやら…

脂肪肝になる

肝臓の細胞内の酵素が不足する

胆石ができる

というメカニズムのようなんです。脂肪肝にならなければ、胆石もできにくいわけなんですね~。そもそも胆石は、胆汁に含まれるコレステロールが固まってできる石のようなものです。確かにコレステロールと脂肪…関係ありそうだけど、なるほどやっぱり関係あるのか。

脂肪肝にならないために…

脂肪肝は30~40代を中心に増え続けている病気です。飽食の時代ですからね、やっぱり食べ過ぎたり飲みすぎたりして、それが継続すると、肝臓に中性脂肪やコレステロールが貯まります。お酒を飲むことによって発症する脂肪肝はアルコールを控えるとして、アルコールを飲んでいないのになることもあるんです。

スポンサードリンク

それを、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)と呼びます。NASHの場合は肝臓がんにもなりやすいという怖い病気です。このNASHに効くと言われているのが…アスタキサンチン!
そう、鮭に多く含まれるという物質です。

健康美容ニュースブログさんの記事によると…

NASHを発症させたマウスに、餌をアスタキサンチンを混ぜたものに切り替えて検討しました。その結果、餌を切り替えたグループでは、切り替えていないグループに比べて、肝硬変につながる肝臓の炎症や線維化が80%近く改善し、治療効果を示すことが判明しました
参考:http://hakuraidou.com/blog/57854/

だそうなんです。

脂肪肝や胆石など様々な肝臓周りの病気にならないために、鮭もたくさん摂りましょう♪

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク

腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。