「腸内環境を改善する」って具体的にどうすればいいの?善玉菌を増やすだけはもう古い!

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

「腸内環境を改善しよう」ってよく言いますよね。最近は、体の不調は腸から来るとか…腸をキレイにすれば健康になれるとか…腸をキレイにすればキレイになれるとか…とにかく、腸内環境を整えることが注目されています。

でも、腸って目で見えないから…何がいい状態なのか、どうしたらいいのか、正直に言うと…よくわからなくないですか?笑
だって…見えないんだもんw今日は見えない腸を、少し見える化することに挑戦したいと思います♪

腸内環境を整えたほうが良い理由

腸内環境に興味がある方なら知っているかもしれませんが、私たちのお腹には、「腸内細菌」がたくさん住んでいます。
その数なんと、100兆個!人間の細胞の数が60兆個なので、細胞の数よりもぜんぜん多いんです。

そう考えると、人ってなんだろう?って思っちゃう。笑 人は細菌の入れ物で、細菌が人なのかも…うむ、訳が分かりません。w

でも、とにかく腸内細菌は私たちの体に与える影響は、とても大きそう!と思ってもらえればそれでよしです。私たちはそんな腸内細菌たちとなかよく「共存」していかないと損をするんです。なぜならね…腸内細菌たちは、私たちのカラダが健康でいるためにいろんなことをしてくれているからなの。

・短鎖脂肪酸を合成して、痩せやすくしてくれる
・ビタミンを合成して、代謝を促してくれる
・シアワセホルモン(セロトニン)を作って、ココロを元気にしてくれる
・成長ホルモンを作って、若々しさを保ってくれる
・免疫細胞を正常に働かせ、アレルギー予防をしてくれる
・免疫細胞を正常に働かせ、病気から守ってくれる

などなど…本当にまだまだたくさんのいいことをしてくれるんです。まとめていうと・・・ココロとカラダの健康のために働いてくれているんです。

「良い腸内環境」と「悪い腸内環境」の違い

私たちの腸には、一般的に3種類の菌が住んでいると言われています。それが、、日和見菌です。

スポンサードリンク
善玉菌=私たち人間にとっていいことをしてくれる菌
悪玉菌=私たち人間にとってわるいことをする菌
日和見菌=善玉菌と悪玉菌のうち、勢力が強い方に味方をする菌

善玉菌が2割、悪玉菌が1割、残りの7割が日和見菌になっている腸内環境がベストで、悪玉菌を1割以上に増やさないようにしよう!とよく言いますよね。こういう風に考えると、とても理解しやすいです。でもね、これはわかりやすくするための話であって、本当はいいことだけしてくれる菌とか、悪いことだけする菌は実はあんまりいないの。

ドラえもんの世界でも、ジャイアンは悪い人に見えて、結構優しかったりするじゃないですか?菌たちもそんな感じです。笑
人間と一緒♪

あと、菌のことってまだあまりわかっていなかったりもするから、昔は悪玉菌だと思われていた菌が、実は日和見菌だったとか…善玉菌だったとか…そんなことも珍しくありません。だから割合を気にしすぎるよりも…いろんな菌がたくさんいる腸を目指すほうがおススメです。だって、それぞれ菌によって得意なことは違うから。

例えば、やせる物質をたくさん出してくれる菌だけお腹にいたら痩せすぎちゃいません?いいんだかわるいんだか、わかんなくなっちゃうw

それよりも、やせる物質を出せる菌と、若返り物質を出せる菌と、ガンを防ぐ菌と、免疫力を強化する菌…などなどいろんな菌がいたほうが、私たちのカラダにとって負担をかけずに健康に近づける気がしません?

最近では、善玉菌を増やすことよりも、この「菌の多様性(=いろいろな種類の菌がおなかの中にいること)」がとても重要視されています。そう!良い腸は…菌の多様性がある!っていうのが、ニュースタンダードなのかなと私は思っています♪

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。