▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

健康

「大腸がん」は予防できる?~腸内環境と大腸がんの関係と予防法~

投稿日:2017年3月9日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

日本人の死因第1位は、「がん」です。

「がん」の中でも「」は男女ともに発症しやすい部位の1つで、男性は、胃、肺に続く第3位、女性は乳房に続く第2位、男女合わせたらなんと1位のがんになります。

それも、毎年大腸がん罹患数は増えていて、独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターの統計データによると、この30年で死亡者数がおよそ3倍にも増えているというのです。私たちにとって、身近な「大腸がん」について、今回は考えてみたいと思います。

腸の役割をおさらいしよう

腸とか腸内環境とか、最近よく言うけど、結局何をしているのかよくわからない方も多いハズ。腸の病気について知るには、まず…

腸はどんな構造をしているのか?
腸は私たちのカラダの中で何をしてくれているのか?

をおさらいしたいと思います。

腸は、食道、胃につながる長い臓器で、その長さは7~9メートルもあると言われています。

小腸=約6~7メートル
大腸=約1.5メートル

男性のほうが女性よりも腸がやや長いと言われています。女性の便秘が多かったり、腸の病気になりやすかったりするのは、それも多少関係している説もありますね。そして腸には、以下の4つの役割があります。

①消化 
②吸収
③排泄
④免疫

小腸と大腸は、微妙に違う役割を担っていて、厳密に分けるのは難しいのですが、ちょっと雑にわけるとこんな感じです。

小腸=①消化 ②吸収
大腸=②吸収 ③排泄
両方=④免疫

腸の中には、腸内細菌が100兆個も住んでいて、カラダに入ってきたモノを分解して私たちのカラダに必要なモノや、必要でないモノ、いろんなものを作っています。私たち人間の細胞が60兆個と言われているので、それよりもずっとたくさんの腸内細菌が腸の中にいることになりますね。

腸内細菌のバランスが悪いと、消化、吸収、排泄のバランスが崩れるのはもちろんのこと、恒常性維持機能のバランスが崩れ、自律神経系、内分泌系、免疫系の機能がおかしくなってしまい、炎症や酸化がしやすくなって、結果的に病気になったり、太りやすくなったり、老化を引き起こしたりするとも言われています。

大腸がんは予防できるか?

さて、腸が私たち人間にとって、すごく大事な機能であることはわかっていただけたと思いますが、腸内環境を整えれば、大腸がんは予防できるのでしょうか?これは、実は明確な因果関係はわかっていないんです。もちろんですね、状況証拠はあるわけですよ…笑 


▼記事内容はこの下に続きます▼


大腸がんをはじめとする腸の病気は増えているのは事実なわけで、食生活の欧米化や生活習慣の変化で、腸の状態が変化しているのは確かです。でもはっきりとイコールで結べるかというと、うーん…ダメらしい…。

でも、やっぱり、腸の中に老廃物を長い間ためておく(=便秘)はよくないのではと思われる傾向が見て取れます。それは、大腸がんができる場所にヒントがありました。

大腸がんは肛門に近い直腸にがんができる場合が約40%、直腸につながるS状結腸にがんができる場合が約28%と、肛門に近い部分にがんができやすい傾向があります。これは便の滞留時間が長いので、便中に含まれる発がん性物質が腸の粘膜に触れている時間が長いからではないかといわれています。

参考:http://www.gan-info.com/306.3.html

ね!やっぱり老廃物をためないようにするのは大事であり、そのための食生活、そして運動はとても重要ですね。

大腸がんのリスクを下げる可能性のあるものとは?

世界がん研究基金(WCRF)の発表によると、大腸がんのリスクを下げる可能性のある要因、上げる可能性のある要因は以下になります。

▼確実に大腸がんのリスクを下げるもの
運動

▼確実に大腸がんのリスクを上げるもの
内臓脂肪
高身長
赤肉・加工肉
アルコール

▼大腸がんのリスクを下げる可能性が大きいもの



カルシウムのサプリメント


参考:http://ganjoho.jp/mobile_data/prevention/evidence_based3-4.html

高身長って…もしかして背が高いと腸も長い人が多くなるからかな…やっぱり老廃物はどんどん出していかないと!!って思わざるを得ませんね。みなさん、一緒に腸内環境を整えましょう♪

・菌活の参考にしてみてくださいね。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

-健康
-, , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

【健康長寿への挑戦】結果にコミットする「RIZAP」が高齢者の健康促進に挑戦するぞ!

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 井上公造、ココリコ遠藤、峯岸みなみなどなど、挑戦した有名人を全員痩せさせちゃうCMでおなじみの完全個室プライベートジムの「 …

甘酒効果に注目!市販甘酒おすすめランキング (スーパー編)

最近、甘酒のダイエット効果や健康効果、美容効果がメディアで取り上げられるようになり、「甘酒を飲んでみたいんだけど、どれがいいのかわからない」とおっしゃる方が増えてきました。     …

食物アレルギー27種類一覧!含まれていても表示されない時がある?

厚生労働省が行うアレルギー疾患対策推進協議会の資料によると、最近食物アレルギーを発症する方がかなり増えているそうです。私たちの免疫力、どうなってしまっているのでしょう。     実 …

ダイエット中の方必見!脂肪燃焼のために「グレープフルーツ甘酒」を作ろう♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 前回ご紹介したレンコン甘酒に続き、今回はね、グレープフルーツ甘酒をご紹介したいと思います。 甘酒って、発酵食品の中では一番 …

和風スーパーフード?!腸内環境改善、認知症予防に「海苔チーズ」はいかが?

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 私たち日本人の腸内環境には、海苔を分解するのが得意な菌が住んでいると言われているように、海苔はとても日本人の腸内環境にあっ …

腸活じんべー編集長:長谷川ろみ
元おデブ。小学生にして重度の便秘+肥満体でしたが、発酵食品との運命の出会いをはたし、数十キロのダイエットに成功しました!

このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ