発酵食品を推進する、発酵をプロデュースするということ。

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

ちょっと前にこのブログでもご紹介した、発酵デリカテッセン「Kouji&ko」!

こうじ.jpg

▼過去記事
発酵デリカテッセン「Kouji&ko(コウジアンドコー)」が新宿にオープン!~新たな麹と発酵の可能性~

http://www.chounaikankyou.club/article/444610159.html

最近メディアでもよく見かけるようになってきましたね、「Kouji&ko(コウジアンドコー)」さん。やっぱりおしゃれさは重要なんだなと実感しています。デザインのチカラで発酵食品がもっともっとポピュラーになったらおもしろいなーと思いつつ…今日はそんな「発酵食品をプロデュースすること」について、書いてみました。

メディアに紹介されるKouji&ko(コウジアンドコー)の新しいところ

3月15日放送の「白熱ライブビビット」(TBS系)で、発酵食を使ったメニューが紹介されていました。マイナビニュースにもこんな記事が…!

チキンや野菜を塩麹で味付けしたキッシュ「ローストチキンの大徳寺納豆ソースと黄野菜カレー風味」が富永沙織さんが座るテーブルの前に用意される。納豆ソースとカレー風味の味わいが特徴的な、ごろっとした野菜のチキンがキッシュの器上にたっぷりと乗っている一品である。

参考:http://news.mynavi.jp/news/2017/03/16/167/

活字を見ているだけでおいしそうだわ。…っていう私は若干変態かもですが、笑 納豆とカレーって結構あうんだよね♪
あとこのお店がすごいのは、普通の発酵食品をすごくおしゃれに見せているところ。このおしゃれさは、注目されるためにはすごく重要なんです。

スポンサードリンク

日本の発酵食品の問題点は「ダサい」こと?

問題点っていうと大げさかもしれないけど…私は発酵食品の推進活動をする上で、いつも思うことがあります。

発酵食品って、やっぱり…なんとなくダサい?!

いや、そんなこと、思いたくない!思いたくないけども、キラキラ女子系の友達にはそんな風に思われているっぽい気がしています。話しているとね。

結構同年代の女性や、私よりも年上の40代の方は、「健康」というフィルターがかかって、多少おしゃれでなくても受け入れてくれる人はとても多いのだけど、キラキラ女子がターゲットの商品開発の難しさは、その辺なのかもしれません。

とはいえね、最近はちょっとずつ見直されつつあって、その裏にはこういったおしゃれなお店の努力があるわけだけど…
だから、私も発酵食品はださくないんですよー。おいしいんですよー。っていうことを、細々と、しずかに、伝え続けていきたいなと思っているんです。

うん、そんなことが静かにやりつづけられる環境にずっといれたらいいな。

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会い、数十キロのダイエットに成功! 現在も「ココロとカラダの健康のための腸活」を意識し、大切さを伝えながら、日本の発酵技術の応援活動をしています。
▼プロフィール詳細はコチラ
▼無料メルマガ登録はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。