【美と健康】最高齢現役モデル「ダフネ・セルフ」さんの美と生き方

スポンサードリンク

こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

世界最高齢のスーパーモデルとしてギネスブックに載ったダフネ・セルフさんをご存じですか?

カフェ.jpg

20歳ごろの若かりしころモデルをはじめ、結婚を機にいったん退き、そしてまた70歳で再ブレイクを果たした世界的なモデルさんです。

最近、オーバー70の先輩方をすごく観察してしまう私。笑 黒柳徹子さんも大好き!

ダフネ・セルフさんや黒柳徹子さんは、若かりし頃もめちゃめちゃおキレイなので、多分数少ない「もともと美人だったのに、サボらなかった人たち」な気がします。笑

40歳からはブスが美人になれる?

30代までは持って生まれた顔の造形に、すごく左右される気がしているんです。目がぱっちりとした2重にあこがれたなぁ…。顔がキレイなだけで得が満載…なイメージ。笑

でも、周りをみると、ちょうど今30代後半から40歳すぎにかけて…何か不思議な追い抜き現象が起きているような気がしています。

もともとキレイだったためにサボってきた人たちが老けて、もともとキレイじゃないから頑張ってきた人たちが急にキラキラしだしたり…芸能人の方でも、20代はぜんぜん売れてなかったのに、40歳をすぎたら急に目立ち始める人たちがいるっていう・・・もちろん、最初から最後までストイックにキレイを貫くスゴイ人たちもいるけどね。

スポンサードリンク

もともとキレイ派じゃない私にとっては、40歳からがチャンス!笑 40歳を過ぎて輝く人になるためのコツってなんなのでしょうか?今回は、ダフネ・セルフさんのセリフからそのコツを学びたいと思います。

最高齢現役モデル「ダフネ・セルフ」さんに学ぶ

著書『人はいくつになっても、美しい』を読んだんです。やっぱりダフネさんの考え方は好きだなぁと思ってしまいました。

ダフネさんが美しく人生を過ごすために実践している10か条を発表しているので見てみたいと思います。

【世界最高齢スーパーモデルの美しく生きるための10の掟】

・姿勢をよくすること
・真の似合う服を見つける
・鮮やかな色をまとう
・後ろ姿を鏡に映す
・心地よさとときめきを重視
・毎日適度にメイクする
・ベーシックなスキンケアを大切に
・運動して新鮮な空気を吸う
・自炊してたくさんの水を飲む
・最も大事なのは笑顔!

参考:https://spur.hpplus.jp/beauty/biyouban/201608/27/GTaCGWQ/

やっぱりおキレイな方って、自己管理力と好奇心がずば抜けてスゴイと思います。あと、うまーく許せることだよね、自分を。ルールとかいちお決めるんだけど、それに縛られないで、守れなくてもうまーく許すメンタルが大事。

英紙『The Daily Mail』のインタビューで、整形手術を受けたこともなければ、ボトックスを打ったこともないと、きっぱり発言されているようですね。ステキ!絶対に不自然なことやりたくないもん。

しわやしみをおしゃれの1つと受け取れるようにならないとだめなんだな~と改めて思いました。

おしゃれを楽しむぞ★

長谷川ろみでした。

The following two tabs change content below.

長谷川ろみ

腸活じんべー編集長。元おデブ。 生まれたおうちが貧乏だったこともあり、野菜少なめ、揚げ物多めで育ち、小学生にして重度の便秘+肥満体に。その後、発酵食品との出会いにより、数十キロのダイエットに成功! 「腸活」を意識して生活するようになると、なぜか気持ちまでポジティブになりました。このブログでは、楽しく自由に生きていく上で欠かせない、ココロとカラダの健康法としての「腸活」や「自分らしい生き方」についてお届けします。 >プロフィール詳細はコチラ

スポンサードリンク


腸活メルマガ(無料)購読はコチラ!

腸活じんべーでは、腸活講座やお得情報がつまった「腸活メルマガ(無料)」を配信しています。