▼はじめての方はコチラからどうぞ▼

アンチエイジング

【日本初】パクチー酵素茶が発売!栄養素・効果・カラダによい理由

投稿日:2017年3月23日 更新日:




こんにちは♪
発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。

このところ人気のパクチー。ニガテな人も一定数いるはずなのですが、街には専門店が日に日に増えていっている気がします。やはりファンが増えているのでしょうか?笑 

パクチー.jpg

でも、キライな人も多いよね…あの匂いは独特です。わかる!わかるけども、私は大好きです。発酵食が好きなぐらいですから、クセのあるものが好きなんだ♪

というわけで、今回はパクチーのスゴさについて、振り返ってみたいと思います。

パクチーの健康効果を整理しよう

キセキのハーブと呼ばれるパクチー。もともとは東南アジアの料理に使われていた香草ですが、最近では日本のレストランでもたくさん使われています。

東南アジア料理のお店はもちろんのこと、一般的なレストランでもパクチーサラダは人気ですし、専門店も増えてきました。
こんなにパクチーが人気なのは、あの独特の匂いの虜になってしまう方が多いのももちろんですが、・美容効果も期待できるからなんです。


▼記事内容はこの下に続きます▼


注目されているのは、パクチーの抗酸化力!カラダの中にはいっってしまった水銀や亜鉛などの重金属を外に出してくれる働きがあり、また活性酸素まで除去してくれるとか…マイナビウーマンの記事にはこのように書かれていました。

今女性たちに大人気のパクチーには様々な効果があるといわれており、体の中に溜め込んでいる水銀などの重金属をデトックスする働きがある。さらに、体内のシミやしわ、がんなどの原因となる活性酸素の増加を抑え、抗酸化作用に優れている。
参考:https://woman.mynavi.jp/article/170322-178/

カラダに悪いモノ、カラダに不必要なモノはどんどん出していきたい!そんな私たちの希望を叶えてくれるんです。

今回発売のパクチー酵素茶とは?

カンボジアの広大な農地を借り上げて自社農園として、「キャッサバ」を大規模に栽培しているバイオ・アグリ株式会社が、この度、パクチー酵素茶を発売するとのこと。

カンボジアの農場で無農薬栽培されたパパイヤ茶葉を使用して、フランス産のパクチーとミックス。酵素はパパイヤ由来のもので「」という名前らしい…。エキサイトニュースによると、こんな効能が…!

この酵素茶に含まれるゲラニオールには女性ホルモンの働きを高め、ホルモンバランスを正常化してくれるので更年期障害で悩む女性にもぴったりだ。
参考:http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170322/Leafhide_beauty_news_g7MTH8R2oI.html

これはちょっと気になるお茶ですよね。お茶って、習慣的に摂りいれられるからいいよね。気になる方は、チェックしてみてください★

長谷川ろみでした。

-アンチエイジング
-, , , , , , , , , , ,

長谷川ろみ

関連記事

健康オイル「ギー」が人気!効果・効能・作り方をチェックしよう!

ちょっと前にメディアでモデルのローラさんが紹介してから、耳にするようになった「ギー(ghee)」!アーユルヴェーダでよく使われる、発酵バターから作られるオイルの1つなのですが、健康や美容に気を付けてい …

【育菌スキンケア】「美肌菌」ってなに? ~乳酸菌化粧水「ビオニスト」発売~

最近、私たち人間の肌に住んでいる「常在細菌」に栄養を与えることで、自分の美肌菌を育てて、美肌になろう・・・というコンセプトの育菌スキンケア商品がたくさん発売されています。     …

【アンチエイジング】石田ゆり子も永作博美も愛飲中♪甘酒の成分と効能まとめ

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 ヨーグルティアを買ってから、2~3日に1回は稼働中です。 なんだかんだで、自分が食べるだけじゃなくて、人にあげたり、人にあ …

チョコレートの抗酸化作用がスゴイ!ご長寿ギネス保持者はチョコが好き♪

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 とうとう私の大好きなチョコレート「バッカス」がたくさんのスーパーやコンビニに並び始めました。。。これ、おいしいよね~♪ 毎 …

Twitterでも話題の「飲む羊羹」発売!小豆のアンチエイジング効果が気になる…

こんにちは♪ 発酵プロデューサー/腸内環境改善アドバイザーの長谷川ろみです。 今日は、すご~~~く気になるお腹によさそうなスイーツが発売になるということで、少し取り上げてみたいと思います。 昔、「カレ …

腸活LAB.編集長:長谷川ろみ
幼少期から23歳までのなが~いおデブ暗黒期を経て、ひょんなことから「腸内細菌」と出会い、「腸内細菌」に救われ、それから15年以上「腸内細菌」を意識する生活をしています。w

▼プロフィール詳細はコチラ
▼お問い合わせはコチラ
▼はじめての方はこの記事からどうぞ